催眠療法新サイトです → http://www.hypnonet.info/therapy/

催眠療法博士の催眠療法(ヒプノセラピー)へご案内します・・・

催眠療法に関して、より詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください →クリック

あなたは今、催眠療法を求めて、当サイトにお越しになりました。

あなたは何にお困りでしょうか?

パニック発作や予期不安、うつ状態、その他心身の不調和でしょうか?
技能やスポーツなどのスランプでしょうか?
それとも、何度も繰り返される人には言えないような悩みでしょうか?

それでしたら、あなたは今まさに適切なサイトに訪れていることになります。
このまま読み進まれてください。

または、催眠療法に興味関心があるので、
学んで習得してセラピストになりたいでしょうか?

あなたがもし本気であれば、ご協力もできることでしょう。
このまま噛みしめながら読み進まれてください。


ですがひょっとして、人生をリセットして生まれ変わりたい、
それも、現実逃避することで嫌なことから逃れて
パラダイスを味わいたいでしょうか??

だとすると、当サイトはあなたにはちょっと場違いなところかもしれません。
当方では、依存心の強い方とかが成果を出すことは普通見かけませんので。

なぜならば、催眠療法とは本来そうしたものではないからです。
他所の事は知りませんが、悪しからずご了承願います。

あと、ガンや、細菌やウイルス等々による肉体的な疾病や怪我には、
直接的に施術する手段はありません。
これらは医療機関に通われるのが第一選択肢です。


世の中にはとかく、前世療法などの退行催眠などを行えば人生が変わるとか、
なりたい自分になるとか、願いが叶ったり、ソールメイトや運命の人に出会えるとか、
モチベーションが向上するとか、さらには、死んだ人に再会できる等々のことを、
催眠療法(ヒプノセラピー)に期待されている方々が数多くいるようです。

ですが、催眠療法では、表立ってそうしたことを謳えるものではありません。
特に、記憶を思い出したからと言って、どうこうなるものではありません。
催眠療法(ヒプノセラピー)は一般にとかく胡散臭く思われがちですが、
催眠療法はそうした魔法ではありません。 前もって断っておきます。



私、上野は、2000年11月、クラズナー博士設立の大学院博士課程を修了し、
臨床催眠療法博士号を取得した日本では数少ない臨床催眠療法家です。
(「Doctor of Clinical Hypnotherapy」のDoctor とは、医師のことではなく、
博士という学位の意味です。念のため。)


前置きが長くなりました。


催眠療法とは

催眠療法は英語では hypnotherapy (ヒプノセラピー)と言いますが、
要は、催眠状態で行うセラピーの事です。

これは決して、オカルトやミステリーではありません。

催眠状態というのは、
我々人間の普段起きている時に働いている顕在意識の他にも、
普段は眠っている潜在意識が同時に働いている一種の変性意識状態です。

普段我々が意識的に使っている顕在意識は脳の機能の数パーセント以下で、
残りの大部分は潜在意識だと言われています。

また、一方ではよく、顕在意識は左脳に対応し、
潜在意識は右脳に対応しているとも言われます。

ですが、左脳も右脳もほぼ同じ大きさです。

従って、潜在意識が脳(だけ)にあると考えるのは
いかにも不自然です。

脳の機能でこうした意識状態を説明するのは困難と言えるでしょう。

催眠が未だによく解明されていない所以(ゆえん)かもしれません。


催眠は、何かで定量的には表現できませんが、定説的には、
潜在意識と顕在意識が同時に働いている状態、と要約できます。

それ故、顕在意識を経由して(つまり意識的に)、
潜在意識に活躍してもらうことができるのが
他にはない催眠療法の大きな特徴ということになります。

したがって、ここで重要になってくることは必然的に、
潜在意識に、何にどう活躍してもらうか、です。
これが要(かなめ)です。

つまり、ただ単に催眠に入っただけでは、
それ自体が、何か有益というわけではありません。

的確に潜在意識に活躍してもらうことが
催眠療法の肝(キモ)というわけです。

これが催眠療法で最も重要な点になります。

これができてなければ意味はありませんし、
また、そもそも催眠状態に入っていなければ、
潜在意識のセラピーでの活躍の場もないわけですから、
あなたは何一つ変わるはずもありません。

10回受けたけど何も変わらない、なんてことは、
実はこうしたことに由来します。

催眠療法は、的確なことができていれば、
初回からしっかり作用するのが常です。

もし、初回で何も変わらなければ、
100回受けても同じです。


ところで、あなたの潜在意識には様々な心身の状態が存在しています。

その中には調和した心身の健全な状態もあれば、
二日酔いや食べ過ぎで具合の悪い心身の状態もあります。

そうした具合の悪い状態は、せいぜい2,3日で、
黙っていても元に戻ってくれるものもあれば、
長く続いて習慣化してしまったものもあるかもしれません。

以前の健全な心身の調和状態に戻す、といったような
直接的な問題解決に当たっては、

その潜在意識の中から健全な状態を蘇らせて、
現在に顕在化させ、それを安定させるのです。 

潜在意識の中には一般に、これまでの記憶だけでなく、
今は失われてしまったように見えるかつての健全な状態も、
実は決して消え去ってしまったわけではなくて、

あなたの潜在意識の中に今もなお、保存されているものです。
(私の施術結果はそれを示しています。)

ただ、見た目では消失してしまったように見えるだけです。

たとえば、あなたが今、うつ状態と言われていて、
体が重くて動かない、というような状態だったとしても、

以前の普通に生活して普通に仕事していた心身の健全な状態は、
今もなお、あなたの潜在意識に変わらず保存されているのです。

問題はそれが潜在下に潜んで隠れてしまっていることです。

それは顕在化されなければなりません。

そして、その際、潜在意識に活躍してもらわない手はありません。

突き詰めて言えば、潜在意識が既に持っているその健全な状態を、
そのままそっくり持って来れば良いだけです。

潜在意識にはそのように活躍してもらうことが、
この場合の的確な潜在意識の活躍のし方、というものです。

催眠暗示というものは方法は種々あれども、
これを実現させるためのものなのです。

・・・言葉で端的に説明すればこういうことになります。

これができなければ、
いくら催眠術師が催眠ショーで行う催眠術とは違うと主張したところで、
実際上、その域からは決して出ていないことになります。

また世間では何かと、よく誤解されているようですが、
別に決して潜在意識を書き換えるわけではありません。

もともと始めからあるものをそれ自身に書き換えるとは、
何か妙なのは冷静に考えればお分かりですよね?

今ちょっと話が横道にそれることをお許しください。

時として、「催眠で記憶を消すことはできますか?」と
質問を受けることがあります。
正面から答えれば、「顕在意識で忘れることはできても、
潜在意識から消すことはできません。」となります。

この答えは暗に、「いつ思い出すかは分かりません。」
という内容を包含しています。

そう、潜在意識から何かを消すことなんてできないんです。
(そもそも忘れ去ってる記憶だって覚えているくらいですから。)
ということは必然的に、書き換えられるはずはないんです。

そういうことはそもそも無理なことなのです。
魔法ではないのですから。

ですが、かつての良好な状態は取り戻すことはできるのです。

別に身体的な障害や病気というわけではないのですから、
もともと持っているものを蘇らせることはできるのです。

潜在意識から何を顕在化させて顕現させるかが要(かなめ)なのです。

精神医療

ところで、比較の話になりますが、
パニック障害とか呼ばれる発作や予期不安は、もし病気として扱いたければ、
医師に診断書を書いてもらえば良いわけです。
うつ、その他に関しても同様です。 当方にはそのお手伝いはできません。

ですが 当方には、そうした医療機関に通われていた方もお見えになります。

心身の不調和で精神科や心療内科等の医療機関を受診すると、たいていは、
たとえ表立って病名をつけられることがなくても、向精神薬を処方されます。

デパスやメイラックス、ソラナックスやレキソタンといった
ベンゾジアゼピン系の抗不安薬やハルシオンなどの睡眠薬と
パキシルやデプロメールといったSSRIなどの抗うつ薬が主です。

それらは脳の中枢神経の機能をブロックすることを意図した化学薬品です。
精神疾患とされる症状は脳内の化学物質の不均衡による機能障害と
みなされているためです。

抗不安薬は決してリラックスさせてくれるものではなく、
脳をある種、鈍化させることで不安を感じなくさせているものですので、
集中力は奪われますし、必要な緊張感までをも失う結果となります。

眠くなったり、ふらつきは副作用というよりは(正)作用です。
ベンゾジアゼピン系の薬には、その種の抗不安と睡眠と筋弛緩作用があります。
単に、製薬メーカーがこの中でどの用途用にしてるかだけの違いみたいです。
そして、依存性・中毒性があります。

SSRIなどの抗うつ薬は、脳内のセロトニンの量を増やすことを意図した薬ですが、
一時的には増えるにしても結局はセロトニンは減り、脳も委縮すると言われています。

これらの薬は簡単に止めることはできず、下手に中断すると、
離脱症状(禁断症状)が現れる(法的にも)麻薬と変わらない成分の習慣性のある薬です。

もし、こうした薬が効かないと訴えると、(実際そうした人はとても多いのですが)、
量が増えたり、種類が増えたりして、さらにそこから抜け出せ難くなります。
(クライアントさん達を通して耳にしています。)

終いには、エビリファイ、その他の統合失調症に主に使われる
抗精神病薬までもが処方されるはめになります。
統合失調症というのは昔は精神分裂病という名称で知られていた最も重度の精神病です。

このように彼ら医療機関では精神医療に、化学的に物質としての脳に作用する薬を
投与しているわけです。 物質に働きかけるのが精神医療の方針という感を受けます。

それらの薬害はユーチューブなんかの動画でもにぎやかですし、
それらは一見誇張が大きすぎるように映りますが、私のクライアントさんの中にも、
パキシル飲んで、それが原因で肝臓移植を余儀なくされた方もいましたので、
決して誇張でも何でもない実感が私にはあります。

これが精神医療だったのですね。

これはあなたのお望みの辿りたいコースでしょうか??
せっかく健康保険に加入しているんだから、行かないのは損でしょうか??
何を選ぶか、それはあなたのご自由です。

尚、脳の中枢神経等が薬によって物理的にやられてきだすと、
当方の催眠さえ作用し難くなります。薬が増えてくるのは要警戒信号です。

こちらは助言は別として、薬に関してあなたに一切指示や投与することはありません。

健康法としての催眠療法、副作用のない催眠療法

ところで、あなたには、当方の催眠療法という健康法の施術で、短期間で
元の健全な状態に戻すという副作用のない安全な道を選択することもできます。
(診断書が必要な方は医療機関で発行してもらえば良いだけです。)

それは技芸やスポーツなどのスランプでも同様です。

プレゼンテーションが何故か上手くできなくなってしまった状況も同様です。
心身の何らかの不調和なら当方の催眠療法の対象です。
顕在化させるべきものを今の人生のあなたの潜在意識が既に持っているわけですから。
今現在、どういう風にはた目には見えているかは関係ありません。

もっとも、催眠にかかって終わってみたら、いつの間にか知らないうちに、
まるで生まれ変わったように何もかも、すべてが全く変わっていたなんてことは
ありません。

これは魔法ではないのですから。

催眠中の自覚は(顕在意識も働いていますので)普段と同じようにありますし、
催眠中に取り戻したかつての良い状態の自覚もしっかりとあります。(これは重要。)
潜在意識に活躍してもらうということは、
知らないうちに全てが終わって生まれ変わるということでは全くありません。


また逆に、これまでできてないことが突然急にできるようになることもありません。
その状態はそもそも今の人生のあなたの潜在意識にもないわけですから。
ですので、過剰な期待はできません。そこを混同しないでください。
例えば、一度もマラソン走ったこともない方がマラソンでオリンピックで金メダル取る
なんてことは現実にあり得ないことです。


ですが、催眠療法は、ものすごく楽で、しかも、とても実際的な解決手段です。
これは決して空想の中のできごとではありません。 
想像の世界のたわごとでは決してありません。

そのための暗示も決して刷り込むためのものではありません。
刷り込む暗示だから空想の世界のたわごとで終始してしまうのです。
そんな暗示では潜在意識は決して活躍してはくれません。
催眠療法はそうした意味では暗示療法ではありません。
この点もよく誤解されているようですね。

そもそも潜在意識にもともとあるものなのに、
なぜ刷り込んだりする必要があるのでしょうか??

これがおかしいのは一見してお分かりかと思います。

繰り返しますが、暗示は、刷り込むためのものではなくて、
潜在意識から健全な状態を顕在化させるためのものです。

そこまでストレートにできないセラピーの場合でも、
潜在意識に活躍してもらうために暗示は用います。

さて、ではもし、潜在意識に全くないものならば、
刷り込むのが良いでしょうか?? それも違います。

それは、まだ実際に触れたことさえこれまでないわけですから、
いくら刷り込んでも、それが実際に顕現してくることはありません。

それはまさにただ単に想像、イメージの世界だけで終わってしまいます。

あなたも何所かでそんな経験があるかもしれませんね。
刷り込んで実現するのなら、不可能なことはなくなってしまいます。

私も自分に自己催眠かけて博士号を取得しましたが、
ノーベル賞が自己催眠で取れるとは考えてません。
願望は等身大のものでないと決して顕現しないからです。

暗示は種々あれども、潜在意識に植え付けられるものではありません。

暗示というものは潜在意識がちゃんと活躍できるものでなければなりません。

私の弟子たちにはその技法を伝授しています。

この核心部分を伝授しないことには、
単なるイマジネーションの世界で終わってしまいますので。
それではセラピーにはならないのです。

よくある民間療法では、潜在意識に活躍してもらう術どころか、
潜在意識に働きかける術さえありませんので、せいぜい、
自律訓練法程度のもので終わってしまいます。
ちゃんとした催眠療法はむろん、自律訓練法ではありません。

また、カウンセリングは、しっかりしたものなら、「心の外科手術」と言われるほど、
相当に苦しいものですし、ほとんど続かないと言われています。

潜在意識に活躍してもらえる当方のような催眠療法ではその種の苦しみは不要です。


退行催眠と記憶、問題の原因

 ところで、あなたの潜在意識には顕在意識が既に忘れ去った記憶があります。
過去の記憶、幼少期の記憶はもちろんのこと、
あなたが生まれる前の別の人生、すなわち、前世の記憶をも。

それらはすべてあなたの記憶なのです。 前世の記憶とて、
それは別人の出来事ではなく自分自身の(別の人生での)出来事なのです。

退行催眠でそれらを思い出す場合、それらは通常、過ぎ去った出来事ではなく、
今まさにここで現実に起きていることであるかのように思い出します。

それは、今の自分(の顕在意識)が、
あの時はこうだったな、この時はこうだったな、と
過去を振り返って、それを過去の過ぎ去った事として思い出す場合とは違って、

今まさにここで起きてるという臨場感を伴って生々しく思い出します。
そして、それと同時に、現在の顕在意識も同時にそれを見ています。

このように、単純に顕在意識が過去を振り返って思い出す場合と比べて、
質的な違いがあるものです。

通常、こうした退行催眠が用いられるのは、
現在抱えてる問題の原因が不明で、なおかつ、
その原因を探し出す意味があると思われる場合です。

通常は退行催眠はセラピーに必要ではありません。

多くの場合、原因を見つけたからと言って、
それを今更どうにかできるわけではないからです。

たとえて言えば、あなたがインフルエンザにかかったとします。
だったら、果たして、いつ、どこで、どこの誰から
そのウイルスに感染したかをいちいち調べるでしょうか??

仮にそれができたとしても、そんなことはする意味はないでしょう。
ましてやうつした人の血液型とか白血球の数とかなんか、尚更です。

そんなことが分かったところで、今更どうにかなるものではありません。

退行催眠もこれと同様なのは、あなたも想像に難くないことでしょう。


ですが、しばしば、クライアントさんから耳を疑うようなことを耳にします。

(以前受けたところでは、)思い出した原因はとても辛い出来事で、
それをあぶり出されて辛い出来事を再体験させられた、というのです。
そのせいで具合の悪さは悪化してしまった、というのです。

ところで、現在抱える問題の原因というのは、確かに楽しい出来事よりは
辛い出来事のほうが多いだろうというのは想像に難くないとは思います。

ですので、その思い出した辛い出来事が、何であれ、
本当に問題の原因だった可能性は、十分にあるかもしれません。

ですが、それをあぶり出して再体験して、いったい何になると言うのでしょう??

それが原因で、悪化するというのは催眠の特性からして実はむしろ当然のことです。

なぜならば、催眠には「増幅作用」があるからです。
ですので、下手な退行催眠は禁物です。

もっとも、本当に危険なレベルのものなら
潜在意識が思い出させてはくれませんから、重篤な状態に陥ることはありませんが。
基本的に催眠は安全なものです。


あと、辛い出来事に原因があると考えてるせいからでしょうか、
わざわざ辛い出来事を思い出させる施術者の話も耳にします。

しかも、中には、普段の記憶にさえあるものをわざわざ、
思い出させる、というか、味わいさせる、施術者のことも耳にします。

さらにまだあります。 
幼少期の頃に母親から虐待を受けてるのが原因だとか、
性格が悪いとか罵られたりとか、催眠にかかり難いと責められたりとか・・・

得てしてそういう方は私が施術するとむしろ催眠に入りやすい方だったりするので、
非常に驚きだったりします。


このどれもが、セラピーには一切なっていないのがお分かりかと思います。

退行催眠で記憶を思い出したり、
原因を突き止めてどうにかなるわけじゃないんです。

しかも、先にあげたようなものでは、
単純に顕在意識が過去を振り返って思い出す時の記憶と比べて、
どこに質的な違いがあるか疑問に思ったことでしょう。

覚えてますでしょうか??


(きちんとした)退行催眠で思い出す記憶には臨場感があるのと共に、
そこには現在の自分の顕在意識の目もあります。

幼児期への退行催眠なら、催眠中、その場面を経験してるのは潜在意識ですが、
その意識とは別に、成長した大人の意識(顕在意識)も同時に働いているので、
その幼い自分の状況をより冷静に客観的に見れているのです。

単に顕在意識で思い出してる記憶ならば、当時の幼い自分の心境までは
思い出してないものです。 記憶自体も当時とはどこか変形されて、
正確でないものの、そのことにも気付いてさえいないものです。

退行催眠の場合は、(潜在意識から出てきた)幼い自分のその時の主観的な心境と、
そこから離れた、その時は考えてもみなかった異なる視点の両方があるのです。

そうした場合、たいていの場合、幼い頃のその時の主観的な心境は、
実は錯覚か何かで、間違った思い込みだったという場合が多いのです。

それによって、認識は正されて、物の見方が変わるのです。
それが現在の問題の解決の糸口へとつながる場合が多いのです。

退行催眠を使うにしても、潜在意識にはこのように活躍してもらうわけです。 
そうでないと、せっかくの退行催眠の特性を使ってることにはなりません。


潜在意識から忘れ去った幼少期や前世などの記憶を思い出したところで、
それは潜在意識が活躍したことにはならないのです。

私の弟子たちには潜在意識が活躍する技法を伝授しています。

  

和やかに進むセッション

ブラウザーによっては音声を再生することができません。

Q&A  体験談  ご相談 こういう方も セラピーのお申し込み

 

Q&A

Q.  精神科に通院してますが、施術を受けることはできますか?

A.  当サイトに書かれている内容が普通に理解できるようですと、
   通常は、何ら差し障りはありません。

   ですが、(個人差はありますが)、長年、多量の投与を受けている場合等、
   作用しない場合があります。 そうなっては当方でも手遅れです。

   また、例外的には、当方でも施術の対象外の方はいるかもしれません。


Q.  以前、3.11の被災者のための無料プレゼントがあったように
   思いましたが、それはもうないんですか?

A.  当時、被災者の方が夜、熟睡できるように、「快眠MP3ファイル」を
   無料で差し上げてました。
   その後、震災から年月も経ちましたので、一応終了は致しましたが、
   それでもご希望の方には、引き続き差し上げてます。


追伸

今もし、あなたがこれまでのことをこれからも続けていては、
これまで通りの事がこれからもずっと続いてしまいます。

それがもし、あなたにとって快感なのでしたら、
これからもそれでいて良いのかもしれません。

ですがもし、それはもう嫌だ、元の健全な状態に戻りたい、
というのでしたら、決断するのは今です。

ここまで読み進んで来られてるということは、
おそらくこれに該当するものと思われます。
これはあなたが催眠療法を習得したい場合にも当てはまります。

なぜ決断するのが今なのか、ですって??
なぜならば、今の状態を続けていれば、
今のその習慣的な状態は、さらに強固になって、
なお一層、より強く習慣化するためです。

そして、そこからさらに抜け出し難くなるからです。
(それにつれて費用もかさむことになります。)

そして終いにはそれは、臨界点を超え、
当方の催眠療法でも処置できないほど、
修復不可能なレベルへと至るからです。

あなたはそれをお望みでしょうか??

それとも、もういいかげん解決したいでしょうか!

追伸2

電車に乗れなくなってしまってパニック障害ではないかとか思われている方は以下もご参考まで。

このページの先頭へ