催眠療法(ヒプノセラピー)体験談

以下は私、上野から直接催眠療法を受けた方々の生の体験談の数々です。

さらなる 体験者が語る生の声

摂食障害脱出体験記

摂食障害の人

「私は16歳から15年間もの長い間、摂食障害で苦しんできました。常に頭の中は食べ物の事でいっぱいで、1日に何度も何度も、思いっきり食べては全部吐いてしまうという過食嘔吐を繰り返してきました。 こんな事ではいけない! 何とか治さなければ! と、頭ではわかっていたのですが、自分ではこの食欲がコントロールできない状態が15年間も続いてしまいました。  そんな時、ネットで催眠療法というものを偶然知りました。全く興味はなかったのですが、何度かHPを読んでいるうちに ひょっとしたら私の症状も何とかなるのでは? と思うようになり、セッションを受けることを決めました。  セッション初日はとても緊張しました。自分のこのような症状を今までに誰にも言った事が無いので、言うだけでもとても勇気が必要でした。 でもいざ言ってみると、それだけでもとてもスッキリしました。そしていよいよ催眠療法です。受けている間はとても心地よく、心が満たされていくのがわかりました。  終わった後は頭の中のモヤモヤがすっかり取れたような感覚もありました。それから晴れ晴れとした気持ちで帰宅し、その日はきちんと食事を取ることができました。  私の場合、ストレス解消や習慣で過食嘔吐を繰り返していたところもありましたが、その原因のストレスが軽減されてきているような感じも受けました。3回目まではまだ前のような症状が出てくる時もありましたが、以前と比べると食べ物に対する気持ちがかなり変化していました。以前は自分の体の中に食べ物が入ってくるだけで気持ち悪くなったのですが、今では普通に受け入れられます。自分の中できちんと消化、吸収されるのが当たり前の事として受け止められています。以前はそれさえわからなかったのですから・・・それだけでも凄い成果だと思いました。  そして3回目を終えてからは過食嘔吐はかなりおさまり、普通の食事が出来る 様にもなりました。この普通の食事が私の新しい食事の習慣として定着するのも時間の問題だと思います。多分もうすぐ・・・  自分ひとりの力では、ここまでの回復も出来なかったと思います。催眠療法は 同じような悩みで苦しんでいる人にはとても有効な方法だと私は思います。」

(30代 東京都 女性)     

目次

このページの先頭へ