催眠療法(ヒプノセラピー)体験談

以下は私、上野から直接催眠療法を受けた方々の生の体験談の数々です。

さらなる 体験者が語る生の声

          

スランプ脱出体験記

スランプの人

「私は幼い頃から歌が好きで、中学校に入ると同時にクラシックの声楽のレッスンを受け始めました。練習を重ねるごとに年々声が出るようになり、思ったように声を表現できるようになり、高校生の時にはコンクールで賞を獲得するまでになっていました。 ところが、その頃から、時々、声を思ったようにコントロールできなくなることがあり、自分でもそれにどう対処してよいのかわからなくなっていましたが、入試の曲は基礎的なものが多く、その時はまだ難しくなかった為、音楽大学に入学できました。 しかし、入学後、状況は一気に悪化し、歌うことが恐怖になり、最悪の時では、歌を歌おうとしても、失語症のように声がでず、音にならない時もありました。 その後、クラシックだけでなく様々なジャンルの先生方に声楽の指導を受け、それ以外にもフィジカルなメソッドの指導を受けたり、精神面ではカウンセリングを受けたりして、以前に比べれば、大分回復してきてはいましたが、どれだけメソッドを身に付けても、突然、恐怖心が現れてきてしまい、消えることはありませんでした。 そして、この先に進む為にはなんとしてもこの恐怖心を克服しなくてはと思い、様々な治療法をホームペ-ジで調べました。以前から催眠療法に興味があったこと、こちらで拝見したホームページの内容から、自分の問題を解決できそうであったことから、早速予約しました。 初回、催眠療法についての説明を受けましたが、とてもわかりやすくご説明いただき、まさに自分の問題を克服できる治療であると確信しました。終了後、それでも半信半疑でしたが、歌ってみて、歌う前の緊張感がなくなっていたこと、歌うことが楽しかった以前の気分を取り戻すことができて、そのような状態では恐怖心は一切現れなかったことに大変驚きました!!!泥沼から抜け出したというか、せき止められていたダムから一気に水が流れるといったような爽快感が感じられ、この十数年なにを悩んでいたのだろうと思うほどでした。 数回のセッションを経て、歌う時の気分がより一層安定し、歌うことに集中できるようになりました。これから、先生はじめ、支えてくださった皆様に感謝して、これまでの経験を生かした、心に響く歌がうたえるように頑張ります。」

(30歳 女性 東京都)

目次

このページの先頭へ