催眠療法(ヒプノセラピー)体験談

以下は私、上野から直接催眠療法を受けた方々の生の体験談の数々です。

さらなる 体験者が語る生の声

          

トイレのことを考えると発狂しそうになっていた青年

トイレ恐怖の人

 私の悩みはトイレ恐怖でした。乗り物や会議など、とにかくトイレを制限される状況になると 脂汗が出てきて発狂しそうになるのです。 酷い時はトイレに行ったばかりなのに、30分と経たないうちにまた行きたくなるといった感じでした。 自分ではどうしたら良いか迷い、病院の泌尿器科でも検査をしました。 しかし、異常は全く見つかりませんでした。医師からは「精神的な問題」と言われ、 膀胱の緊張を抑える薬を処方され、あまり気にしてはいけないと言われました。 しかし、あの時の私にとって頭では理解していても「気にしない」という事は本当に難しい事でした。

トイレ恐怖になったのは大学1年生の秋でした。当時、大学に通うのに片道2時間半をかけていました。 電車を何回も乗り継いで向かうのですが、乗り継ぎの度にトイレに入らないと不安でした。 途中下車してトイレに駆け込む事もしばしばありました。急行電車には乗れなくなりました。 各駅にトイレが設置されているので、電車はまだましです。しかし、車でのドライブなどは無理でした。 高速バスもトイレが設置されていないものがあると考えただけで乗れなくなりました。 大学の講義時間は90分あるので、講義の前は5回くらいトイレに行き、すぐ抜け出せるように 扉の近くに席を取るようになりました。

とにかく外出すること自体が怖くなり、ほとんどひきこもりの状態になってしまったのです。  それから6年の歳月が流れました。 このままではいけないと思い、何とか克服したいと思うようになりました。 沢山の催眠療法が受けられる所から上野先生のホームページに辿り着きました。 催眠療法について詳しく紹介してあり、質問箱でも親切に相談に乗って頂いた事がきっかけで お世話になろうと決めました。

 催眠療法が自分に有効なのか心配していた自分に「トイレにすぐ行きたくならなかった頃があるなら、 十分可能だよ。」と言って頂き、とても安心したのを覚えています。 成果は初回からありました。 心全体を埋めていたトイレの事があまり気にならなくなり、本当に心が軽くなったのです。

 その日のうちに、行きたくても行けなかった所に行こうと思いはじめたのです。 その日は歯医者に行きました。診療台にあがってもパニックになりませんでした。 歯医者に行っただけなのに、行けた事が嬉しくて仕方ありませんでした。

セッションを受けていくうちに車にも乗れるようになってきました。 外出時にも2時間、3時間とトイレに行かなくても平気になりました。とにかく外出する事が楽しくなり、 自信がついてきました。

(20代 男性 東京都)

目次

このページの先頭へ