催眠療法(ヒプノセラピー)体験談

番外編  体験者の出せなかったと推察される声(想像)

 さて、番外編として、あまり典型的ではないけど、
ある一定割合では必ずいるタイプの人たちの出さざる体験の声を
私の推測で敢えて出してみます。

息子をスポーツ選手にしたかった母親

息子をスポーツ選手にしたかった母親

 私には高校生の息子がいます。 運動能力に優れ、〇〇の選手にしようと思ってますが、高校の単位が取れず、卒業できそうにありません。 卒業できないと選手への道も絶たれるため、なんとかしてもらおうと息子をセラピーに連れて行きました。 息子はこの得意な競技を嫌いだと言い、選手になるつもりはないと言うのを、ここの先生はどうすることもできませんでした。 高校は卒業できる高校を卒業し、息子が考えている職種の方向に進めば良いと言い、催眠療法なんてしてもらえませんでした。

(東京都 女性)     

 敢えて説明は要らないでしょう。

ガリガリに痩せていたい拒食症の女性

ガリガリに痩せていたい拒食症の女性

 私は拒食でこのままでは健康が問題だと周囲から言われてましたが、今痩せていて、今の体が気に入ってます。 催眠療法を受けると、ちょっと食べられる感じがしましたが、催眠が解けた後、今よりちょっとでも太りたくないと思うと、 やはり食べれる気がしません。 私は今のままがいいんです。

(10代 東京都 女性)     

 通常、顕在意識と潜在意識の両方ともが受け入れている暗示しか入って行かないものです。
この方の場合、潜在意識は元気になりたいから
潜在意識には暗示は一応受け入れられはしたのだと思われます。
でも、顕在意識がそれを台無しにしてしまった。
 いくら受けに来たのが顕在意識だといっても、
実は潜在意識はまだ健全でも顕在意識は常軌を逸脱していたようです。
実は拒食症の方に比較的このパターンの方は経験上多いものです。

上司と話すときに緊張して頭が真っ白になるサラリーマン

緊張?

 いつも上司から言われた仕事で同じミスを繰り返す私ですが、
上司と話をする時にいつも緊張して頭が真っ白になって何も話せませんでした。
ここの催眠療法を受けても、上司に堂々と話せるようにはなりませんでした。
 

(30代 男性)

 この方は問題を取り違えていたわけです。
まず第一にきちっとなすべきことをしていないのだから
緊張というよりはびくびくして話せないのは当たり前のことです。
まずはきちっと仕事していることが先決です。
 とかく、緊張して人と話せないという人の中には
こうしたなすべきことを緊張のせいに転嫁している方がいます。

大勢の前で、あがって喋れない女性

あがり

 私は大人になってから一度も人前で少人数でも話したことはありませんでした。それが50代という年齢のため会社で組合の役員になったため、 40人50人、場合によっては200人300人を前にして話さねばなりません。でも、話したことない私はそんな自信ありません。 何とかしてもらおうと催眠療法受けましたが、私は練習なんかしたくありません。だから来たというのに。

(50代 東京都 女性)     

 催眠療法は必要なことをやらなくて良くなる療法ではありません。
何事もある事を行うには意識するとしないにかかわらず、それなりの練習は必要なものです。
これまでやったこともないことが、必要なステップをすべてスキップして
できるようになってる道理はありません。
 やりやすくなったものくらいするつもりがない人の責任はどこにあるのでしょう。

ハイハイうなずいていたら・・・

ハイハイうなずく

 私はセラピーが上手く行けば良いと思い、何でもハイハイと答えていました。  でもホントは違いましたし、結果も本当は出てませんでした。  言われたことに従っていたのに何故良い結果は得られなかったのでしょうか。

(女性)     

 優等生ぶってどうなるというのでしょう???
当方はわざわざ人を疑うようなことはいたしません。
正しい情報でないのに正しいセラピーになる道理はありません。

目次

このページの先頭へ