催眠療法(ヒプノセラピー)体験談

番外編の番外編

 さらに珍しいけど無視できない例を敢えてあげてみましょう。

初回は良かったのに2回目は作用しなかったサラリーマン

高所恐怖

 初回受けたときはすばらしく成果があったと感じたのですが、 2回目、仕事で疲労困憊してましたが眠いの我慢してせっかく受けたのですが、 さっぱりダメでした。 この違いはいったい何なんでしょう。

(30代 男性)

 眠いのを我慢していたため、ちゃんと催眠に入れなかったのが原因の全てです。
しっかり作用する方なのですから、そうした催眠を妨げることさえしなければ
全く問題はないはずなのです。
この方の場合、3回目はしっかり睡眠を取れる休日に来ていただき、
初回同様の確かな成果が得られて、無事良い状態に定着できてます。

別の心配事が原因の失敗例

心配

 数ヶ月前にダイエットで来て、私はその時ダイエットに成功しました。 でも、最近また太り始めたので再び久しぶりに受けに来たのですが、今回は全く作用しません。 先生には言ってなかったのですが、最近家族のことで何かと心配事があるのですが、 それは催眠療法でどうにかなるものでもないので黙ってましたが・・・

(10代 東京都 女性)     

 プライバシーに触れるわけにも行かないため、
何も問うことはしなかったのですが、相談内容以外に、
心の中に入ってきて離れない問題を抱えているとき、
とかく、そこから派生して他の問題が生じがちです。
さらに催眠中もそのことが気になって、催眠にも入れなくなりがちです。
 例えて言うならば、津波に襲われて水がまさに迫ってきてる時には
ヘビースモーカーでもタバコを吸う気も失せるのに似ています。
まずは身近な「緊急の」問題に対処する必要があるのです。
実のところ、失敗例の中には案外、このタイプの人は多いのです。

稀にはある原因不明の本当の失敗例

原因不明

 私はとても成果が現れやすいタイプだといわれたのですが、家に帰ってみると、全く成果は現れてませんでした。 確かに催眠を解いた直後は良い感じがあったのですが、家ではさっぱりでした。 それは2回目でも3回目でも同じでした。

(20代 東京都 女性)     

 この方は催眠にとても入りやすい上位1%くらいの方でした。
とても良い反応が現れるため、全く耳を疑う報告で耳を疑いました。
それが立て続けに続くのですから尚更です。
この方の場合、自宅ではそれまでの状態に自分で戻していたのでしょう。
いくら良い状態が現れたからといって、それでその状態がまだ安定してるわけでは
ありません。 それまでのまずい状態は潜在下に潜んだとはいえ、消失したわけでは
ありません。 そのまずい状態のことをわざわざ考えれば必ず元に戻ってしまいます。
特に、こうした催眠にとても入りやすい方の場合は。

何の変化もないため2回目以降は中止にした男性

変化

 初回受けたとき、何の成果も実感できなかったため、2回目の予約も取れなかったのですが、 帰りの電車の中で、これまでとは確かに違って良くなってると実感できました。 もう本当に受ける意味はないのでしょうか?

(40代 男性)

 中には成果が現れているのに、その場では実感しない方もおられます。
作用してるわけですからしっかり行って定着させない理由はないわけです。

目次

このページの先頭へ