臨床療法療法博士号学位記



セラピスト 上野 智行(うえの ともゆき)プロフィール

1958年北海道生まれ。臨床催眠療法博士。
大学卒業後、大手電機メーカーで半導体チップの開発に従事。
特許出願6,7件。うちこれまで4件を取得するほど活躍していたが、
脳出血により左半身の機能を失い挫折。
強い麻痺で歩く事も立つことも全くできない状態から
介護なしで日常生活ができるまでに回復。 その時の体験から
「自分と同じように様々な事で悩んだり苦しんでいる人たちの力になろう」
と決意、仕事を離れ、
2000年 American Institute of Hypnotherapy 博士課程修了、独立。
朝日メンタルカウンセリング代表を経て催眠療法の会顧問を務める。
「これまであれもこれも試して何も変わらなかったのに、今1回受けただけなの
にこんなに楽になるなんて・・・」と笑みを取り戻したクライアントさんと楽しく話す
毎日です。

また、正しい催眠療法の普及と振興のため、
2002年、米国カリフォルニア州認可のNPO通信制大学グラール大学を設立。
2003年  グラール大学はカウンセリング等8つの分野で学士、修士、
博士の学位授与のライセンスを取得。(州教育局より。)

うつ病、心身症、自律神経失調症、摂食障害などこころの悩みを抱える人の
支援活動や心理カウンセリング、正しい催眠療法の普及に活躍している。



臨床催眠療法博士

  ★  はじめに  

  ★  American Institute of Hypnotherapy
     アメリカンインスティチュートオブヒプノセラピー について

 この催眠療法専門の教育機関/大学・大学院は米国の催眠療法の権威者として知られるクラズナー博士によって、1982年に設立されました。
 この大学は臨床催眠療法の学士課程と博士課程からなる通信制の大学・大学院ですが、この高等教育とは別に全米をはじめ、各地で幾つか一般向けに催眠療法士養成のトレーニングコースを行っています。 これらは日本でも行われているため、おそらくこれまで数百人かそれ以上、こうした養成コースを受けた方がいらっしゃるものと思われます。
大学・大学院(学士課程、博士課程)の内容はこれらとは異なりアカデミックな高等教育の場となっています。 もちろん単なるセミナーやトレーニングコースの修了ではありません。

 私は2000年、(規定により)90単位、正味1350時間以上(実際にはこれの数倍)費やし、この博士課程を修了し、臨床催眠療法の博士号を取得しました。
提出物は(英文で)A4サイズで約600ページに及びました。 海外(ヨーロッパ)勤務経験のある私でもこれには少々しんどい思いをしたものです。

 また、時折、英語で Doctor を医者のことだと受け取る方もおられますが、
学位の Doctor は博士の意味です。




原文

American Institute of Hypnotherapy

AiH

This is to Certify that

Naoki Ueno

in recognition of fulfillment of all requirements prescribed by this institution,

upon recommendation of the Faculty and by authority

of the Board of Directors and the State of California

is awarded the Degree of

Doctor of Clinical Hypnotherapy

with all Rights, Honors and Privileges appertaining thereto.



Date November 30, 2000


AiH
EST.1982


In Testimony Whereof the authorized officers have
hereto subscribed their names and affixed the
Seal of the Institute at Santa Ana,California.

President E.W. James, Ph.D.

Administrator Caroline Miller, Ph.D

Secretary Susan M. Strouse





訳文


アメリカンインスティテュートオブヒプノセラピー


上野 直樹、


本学の規定する全課程を修了したことを承認し、

教授会の推薦に基づき、理事会およびカリフォルニア州当局の権限により、

関係する全ての権限、栄誉、および恩恵と共に、


臨床催眠療法博士号


を授与することをここに証明する。


日付 2000年11月30日


その証明として、委任された役員はここに署名し、

本学(カリフォルニア州サンタ・アナ)の認証シールを添付する。


学長  E.W. ジェームス博士   

管理官 キャロライン・ミラー博士

秘書 スーザン・M・ストロウス



注) 「上野 直樹」は「上野 智行」の本名です。


  ★  米国の大学について

 米国では大学の設立は一般に州によって認可されます。連邦政府は直接は大学を監督しませんが、各地域ごとにある連邦政府認定の単位認定団体は大学を一定の基準によってaccredit(認定)し、そのため大学の単位には多くの場合、大学間で互換性が保たれています。 一般には、米国の大学に留学する場合、こうした認定された大学を選ぶのが普通です。UCLA にしてもペパーダイン大学にしてもCSULAにしてもそうした認定された大学です。

 一般に、経済や理学や工学といった多くの大学に共通にあるような学部学科に進学(留学)する場合、認定されてない大学は要注意です。

 ところで、アメリカンインスティチュートオブヒプノセラピー は認定された大学ではありません。 通信制であるため、居住地の制約を受けない点や、米国でも今尚まだ特殊な臨床催眠療法そのものが他大学ではほとんど大学や大学院レベルで行われていないのが認定が実質的に意味をなさない理由なのかも知れません。 催眠療法はそうした数少ない分野なのでしょう。

 尚、設立者の催眠療法界の権威、クラズナー博士の学位はニューポート大学で取得されたものですが、この大学も認定された大学ではありません。


  ★  グラール大学について

 私、上野は2002年、Gral University(グラール大学)を設立し、2003年、カリフォルニア州教育局よりいくつかの分野で学士号、修士号、博士号を発行する許可を得ました。
    
カリフォルニア州大學年鑑      グラール大も掲載    グラール大発行学位記


  ★  現代日本の催眠療法をとりまく環境

 催眠療法は1958年に米国医師会によって承認された療法ではありますが、日本では特にそうですが、一般に医学や心理学系の伝統のある権威のある学会では今尚、催眠療法は異端であり反主流派だと想像に難くないでしょう。 例えば、高名なブライアン・ワイス博士もその権威あるポストにありながら、「前世療法」を論文による発表ではなく、本による発表で公開している点からもこのことが伺えますし、博士はその本の中でも、調べたがそうした報告(論文)など何一つなかった、と書かれています。
 催眠療法は歴史的にもミルトン・エリクソンのような天才が現れても、その技術をマニュアル化して誰でも(普通に優れた催眠療法家ならだれでも)使える一般的で再現性のある技術として体系化できなかった現実からしても、他の医療とはまだまだ一線を画している感があります。催眠療法はまだまだ真似ができない技術、ということが言えると思います。 
 一昔前、半導体産業は農業だとさえ言われてました。もちろん、半導体産業は工業です。 これは言うまでもない事です。 半導体の製造は他の工業と比較して良品率がとても低く、ちょっとした外の天気の気圧にも大きく影響を受けるほど敏感な作業でした。安定した良品率を保持するには長い経験と独特の感性さえ要求されたものでした。 そうした点が、(工業ではなく)農業と言われたゆえんでした。
 催眠療法もそうした意味で農業、と言えそうです。 
これまで私、上野はグラール大学設立以前に直弟子を二人育成しましたが、二人ともよく良い意味でこの農業的な部分を吸収していったものです。言葉では伝達できない感性がそこにはあるのです。 一方ではグラール大学設立後、修士課程に特待生として入学を許可した東大出の中年男性は結局本質的なことは何も吸収することなく辞めて行きました。
 催眠療法は猿真似は通じません。 よく習い事は真似が大事、と言われますが、催眠療法は習い事ではありません。でも、習い事以上に本人の感性と誠実さが重要です。
 いま、あちこちで催眠療法士養成講座というものが開かれているようです。日本でクラズナー博士から直接受けた事のある方も多い事でしょう。 でも、そうしたところで必要な知識や技術を習っても猿真似で終わる方々が多いようです。(そうした開業者もいることでしょう。) 大多数の開業を断念した方々でも何も知らない方々よりは生半可な知識だけはあるので、ネット上でもっともらしく様々な情報を発信しているようです。 そうしたマニアックな方々は一般の方々から見れば、あたかも我々のような(時としてそれ以上の)専門家に映るようです。ネット社会の弊害です。 ネットではとかく現実世界と異なり誰でもが情報発信できるため、あてにならない情報が独り歩きするものです。これを読んだ皆さんはもう惑わされないでください。 何かの情報を聞くとき、その人の顔(身元・素性)を見て判断するべきなのです。もしかしたらあなたはこれまで殺人者が裁判官に見えていたのかも知れないのです。

催眠療法トップ へ戻る


臨床催眠療法博士  上野 智行
(グラール大学学長)

 
催眠療法トップ へ戻る  退行催眠ホンモノとニセモノ  失敗しない催眠療法士の選び方



朝日メンタルカウンセリングの催眠療法セッション(上野智行の対面催眠療法セッション)