催眠療法トップ

ダイエット  36歳女性 - 催眠療法体験談 -

催眠療法体験者でないと分からない催眠療法の真実の姿、
ここにその貴重な証言をご紹介します。

ダイエット  36歳女性 千葉県
  私が催眠と出会ったのは、とあるテレビをみたのがきっかけでした。
「退行催眠」という前世へ戻る催眠療法をやっていたのです。にわかには信じがたいけど、非常に興味をそそられた私はネットで検索してみました。

そこで見つけたのは「催眠」はダイエットに非常に効果がある!という一文。

身長161cm、体重87s、標準体重を30s以上オーバーしている私にとってダイエットはまさに人生最大のライフワークとなっていました。

何処からどう見てもデブなのに、それでも太っている自分を認めたくない自分。
無理やり小さめの服に体を押し込めファスナーが上がらないスカートやパンツを履き、もう少しだけ痩せたらちゃんと着れるようになる。そう思いながらも、ファスナーが上がることはありませんでした。

食事もとにかく甘いものが大好きで止められないし、何かストレスが掛かることがあれば食べることで発散し、体重計に乗ることに恐怖を覚える日々で、そんな毎日でしたから、体重計の針は右へ、右へと動くばかり。
そのことによってまた食べてしまうと言う悪循環。

ダイエットに成功している人が沢山いる中、いつも途中で挫折する自分をダメなやつ。
どうしようもない馬鹿と卑下し、それでも食べる事が止められない自分を嫌いになるばかりでした。

その悪循環の連鎖から抜け出したい!その一心で催眠のセッションを受けることにしました。とは言っても、どこか胡散臭い気持ちも否めませんでした。

セッションは最初にカウンセリングがあり、現状どういう問題があるのか?どういう風になりたいかなどを懇切丁寧に聞いてくれ、催眠なんかしなくてもこのような話を聞いてくれただけでいいや・・・という気分にさえなりました。

催眠の間はとてもリラックスしている自分がいて、あぁーいい気持ち♪と思っている間にセッションは終了。その間にかけられたセラピストの言葉から、無意識にたくさんのPowerを得ていました。

終わった後は酷かった肩こりも治っていて、下手なマッサージより全然いい。そして何よりもめちゃくちゃ気分がいいんです。
そして足取りも軽く帰宅。変化はその夜から現れました。食事の量が全然違うのです。

あれほど、食べなくては気がすまなかったものが、本当に少しの量で満足できるのです。
ものを食べると言うよりは詰め込むと言う表現がぴったりの食生活が一変しました。
特に、食事を我慢しているという意識がないので、リバウンドもありません。
1週間で3キロ減。そして、いつのまにか7s減に至っています。

体重が減る事で、以前のように自分を責めなくなりました。それにより、私の日常も大きく変化しています。
人間関係も良くなり、自分を素直に表現できるようになったのでストレスが軽減されたのです。それは「こうなったらいいなぁー」と以前カウンセリングで話していたそのものの自分でした。

以前は考えられなかった事が今はどんどん出来るようになっていく。
自分が変わっていくのが今はとても楽しいのです。

=======  コメント    セラピスト 深町  =======

ダイエット→ストレス→リバウンド→自己嫌悪→ダイエット→ストレス…この悪循環を繰り返す彼女は、意志の力ではもはやどうすることも出来ない食生活が、様々な感情と関わりあって習慣化してしまっていました。
このような悪循環の連鎖を断ち切り、理想の食生活を実現するのにまさに催眠療法は適しているのです。
ダイエット以外の悩みも抱えて、必要以上に自分を卑下し何事にも悲観的で本当に辛そうな彼女でしたが、セッションによって、体重減に加えて本来の自分を発見し、今では初回の彼女からは想像もつかない程ポジティブに、そして、より綺麗になりました。 



催眠療法セッションのご案内 へ



催眠療法体験談集トップへ