不眠、自律神経失調症 - 催眠療法体験談 -

催眠療法体験者でないと分からない催眠療法の真実の姿、
ここにその貴重な証言をご紹介します。

不眠、自律神経失調症  50代 男性 
 50歳を過ぎてこういう催眠療法を受ける人がどのくらいいるかわからないが、私の場合10代の頃の受験勉強のストレスが原因だったと思うが、不眠症になり、極度の疲労感のため、スポーツなどができなくなり、胃腸も悪く食欲がない。それも暑くなるとよりひどくなり毎年、夏バテを繰り返す状態であった。

 内科医は検査をしてもどこも悪いところがないから自律神経の失調だという診断であった。

 学生時代は疲労感がひどく大学へ通えず、休学をせざるを得なかった。最終的には卒業し就職をしたが、この症状から解放されることはなかった。

 カウンセラー、医師の診断を受け、入眠剤などの薬を服用したが副作用で体がだるかったり胃腸を悪くしたりと必ずしも薬が合わなかったので服用したりしなかったりの中途半端な状態であった。

 又、禅、ヨガなども学んだりしたが、これも症状を少しは改善することはあったが本質意的に治る所まではいかなかった。

 その他、いろいろな民間療法を試みたが残念ながら症状の改善はみられなかった。

 そんな時、インターネットでDr.Uのことを知り早速催眠療法を受けることになった。 実は催眠療法は若い頃ある所で受けたことがあったがそれとは全く異なっていた。 

 一回目から自然に深い催眠状態に入り落ち着きと安定の境地を体感できた。 3回目ぐらいから、今まで30年以上にわたって苦しんできた疲労感が嘘の様に体が軽く感じられ、気分も明るく爽快になり街中を暫く歩き回った程だった。

 不眠に関しても眠れる様になるテープを作っていただいたので、それを聴いているといつの間にか眠りに入れる様になった。

 こんなに症状が改善され、健康で明るく充実した日々を送ることができる様になったことは大変有難いことであり心から感謝している次第である。

=======  コメント    セラピスト 上野  =======

 この方の場合、以前受けた何かの後遺症で通常理解しがたい自律神経失調症か何かと思われる症状を抱えていました。 エセ療法には警戒が必要です。

 

催眠療法セッションのご案内 へ


催眠療法体験談集トップへ

催眠療法トップ

 快眠をしたいあなたはまずこちらにお進み下さい。

自律神経失調症 へ