さらなる催眠療法のQ&A

Q. 催眠療法は暗示を刷り込むため何度も何度も
  繰り返し繰り返し受けるのが良いと他所では聞きましたが・・・??

A. 暗示は繰り返せば繰り返すほど良いというものではありません!
  実は、暗示によって与えられたことが直接作用するわけではないからです。
   そうした繰り返し暗示では潜在意識に作用はできませんし、
  良い状態を引き出すこともできません。 
   それは単なる洗脳でしかありませんし、催眠療法は洗脳ではありません。

Q. では、初回から成果が現れるのなら、ではなぜ初回だけでは十分ではないのですか?

A. それまでの不都合な習慣的状態は潜在意識に刻み込まれています。
  このエネルギーは年月を伴っている分、すさまじく、
  1回のセッションでは生き残っていてまだ力があるためです。
   この潜在意識のパターンを良好な状態に落ち着かせるためには、通常、
  何度か必要になってきます。 
  初回で良い状態を取り戻してもまだそれが定着されているわけではないからです。

Q. 退行催眠や前世療法ではそれは解決されないのですか?
A. 退行催眠の目的は通常、現在の問題の原因がわからないため、
  原因を探るため行うもので、本質的に目的が異なります。

Q. では、退行催眠で原因がわかったならば、どのように有効に作用するのでしょう?
A. 実際のところ、退行催眠が必要なケースというのは少ないものです。
  たいていの場合、たとえ自覚できない原因があっても、
  原因に触れることなく、解決できます。
   たとえて言えば、何かで引掻いて、傷を受けて血を少々流したとしましょう。
  手当てする時、その傷は何時何分何秒にどこそこの地点でどういうものに受けた傷で、
  猫による引掻き傷か、自分でまちがって引掻いてしまったのか、とか、
  その時の気温は何度で湿度は何%で気圧は・・・等々調べるでしょうか??
   そんなこととは関係なく手当てはできるのが普通です。
  多くの場合、催眠療法でも原因にまつわることに敢えて触れる必要はありません。

Q. では、退行催眠は意味がないと?

Q&A  さらなるQ&A

このページの先頭へ