さらなる催眠療法のQ&A

Q. では、退行催眠は意味がないと?
A. いえ、そうではありません。 
  中にはどうしても原因の解明が必要な場合もあります。
  例えるなら、傷の場合もそうですよね? 蚊に刺された傷と毒蛇にかまれた傷では
  手当てが全く違ってきます。
   問題の原因がわかったならば、問題への認識が変わってくるのです。
  傷と違って心の場合、多くの場合、それは間違った思い込みから問題はおこっています。

   一例をあげましょう。 社会との適応が上手く行かない女性がいました。
  本人は自分は幼い頃母親の虐待にあっていたと主張してました。

   退行催眠で現れた場面は、小学生で幼い妹と二人、朝家を出る玄関の場面でした。
  幼い妹は体具合が悪いと訴え、お母さんが妹さんをかまっていました。
  必然的に大きなおねえちゃん(本人)はかまってはいませんでした。
   退行催眠中意識は退行した時点での意識と同時に現在の(大人の)意識も働きます。

  その当時は、お母さんは妹ばかりをかわいがる、と思っていても、大人の意識では、
  お母さんが妹をかまうのは当たり前で、自分は大きいのでかまう必要がなかっただけなんだ、
  お母さんから愛されてないと思っていたのは自分の錯覚だったんだ、と気がついて、
  それまでの認識が正されるものなのです。

   この時、それまでの間違った思い込みは正され、認識は変わり、
  その修正された心が現在の現実を変えていくのです。

   退行催眠はこのようにとてもパワフルな作用を引き起こします。
  決してわざわざ嫌な出来事を思い出して再体験させるものではありません。
  そうした退行催眠もどきこそは弊害があります。

   さて、ここで、重要な点があります。 現在の大人の意識で実はこの女性、
  出来事を客観視できませんでした。 大人になった今でも心は幼いままで
  成長はありませんでした。 
  結果として何事も変わらずこの方には癒しは訪れませんでした。

   この方、何が何でもお母さんを悪者にしていたかったのです。
  こうしたとらわれの心でいると、癒されるものも癒されません。
  解決されるものも解決されません。

   退行催眠を受けても前世療法を受けても成長を拒む心に癒しは起きません。

   あと、退行催眠に関して重要な点を一点。
  思い出す内容は(もちろん本人の記憶ですが)、本人が耐えられることしか思い出せません。
    もし思い出せばとても辛くて生きていられないようなものは、
  潜在意識が思い出させてはくれません。
  命を失ったら意味はないからです。

   実際のところ、必ずしも高い割合で生々しい過去を思い出しているわけではありません。   

   次にもう一例。  
  多くの外国語に良く馴染めるのに、ドイツ語だけは馴染めない、という女性で、
  きっと第2次大戦中に自分はユダヤ人でナチの兵士に殺されてるに違いない、
  と思っていたそうですが、現れた場面はユダヤ人の家族をナチの兵士が殺している
  第2次大戦中の光景でした。 で、彼女はこの中の誰だったと思いますか?

   ユダヤ人の家族の一人ではなく、何と、殺しているナチの兵士でした。
  殺された方だと思っていたのに、(自身の深層の記憶で)殺した方だったのです。
  自分こそはその憎きナチの兵士だったのです。
  先ほど、辛くて思い出したら耐えられない場合、思い出さない、と述べたのですが、
  彼女はそれで取り乱すこともなく、なんとか平静を保てる人でした。

   自分の思っていたことと180度違う事を受け入れて、
   また一歩成長が深まって行けたのです。

   もし、自分は絶対にそんなことはしていない、
  と自分の記憶さえ信じられない人ならばやはり、
  物事の表面的な良い面のみしか見れない自分自身を超えることはできなかったと思います。

   前世療法や退行催眠、そのことが問題の解消を行うというよりは、正しく行えば
  成長した心に応じてそれまでの限界を超えて新たな次元へ進化する引き金、
  ということがいえるかと思います。

Q. 思い出す場面は催眠療法士はどのようにしてわかるのですか?
A. 催眠療法士が具体的に場面を指定してるわけではありません。
  最初の例でいえば、お母さんが虐待をしていなかったと結論づける情報は何もありませんし、
  妹さんと朝一緒に出かけていた事だって知りません。
   その場面を思い出したのは本人で、催眠療法士(私)は本人の口を通して知っただけにしか
  すぎません。
    こちらはセラピーに相応しい場面に導きましたが、前もって具体的にわかっていたわけでは
  ありません。霊能者ではありませんので。

   二つ目の例で言えば、それこそもっとわかりません。
  彼女の予想が当たっていて本当にナチの兵士に殺されたユダヤ人だった可能性だって
  あったわけです。 ただ、彼女の(深層の)記憶はそうではありませんでしたし、
  それはもちろんセラピスト(私)とは無関係なのです。

   時折、思い出す内容をセラピストも見てる、と錯覚される方がいますが、
  あり得ない事なのです。

前のQ&A

このページの先頭へ