緊張(20代女性) - 催眠療法体験談 -

催眠療法体験者でないと分からない催眠療法の真実の姿、
ここにその貴重な証言をご紹介します。

緊張  20代 女性 東京都
 私は長年人前で字を書くことを恐れて生きてきました。
人前で字を書くと言う行為は、日常生活を送っていればよくあることです。それが恐ろしいということは本当に辛いことでした。

 いつもその事で頭がいっぱいで、いつどこで人前で字を書くことになるのかとびくびく過ごしていました。そんな毎日を過ごしていると実際人前で書類などに記入するとき、まず心臓がバクバ
クと自分でも信じられないほどの速さで打ち始めます。そうなるともう頭の中は、真っ白でなにも考えられなくなり手はぶるぶると震え出します。ひどいときは体中が震え出しました。もうなにも考えられず逃げ出すことしか考えられませんでした。そのとき目の前にいる人は、ほんとうに奇異な目で私を見ています。その場を逃げるように帰り、その後は自己嫌悪の嵐で、自分が情けなくて情けなくてどうしようもなくなり、消えて無くなりたかったです。

 そんな私も去年結婚し、披露宴をすることにもなりこれから人前で字を書く機会も増える事になるだろうとますます不安になりました。今までその類の本を読んだり、心理カウンセリングを受けようと電話をかけてみたりしたのですが、対応は冷たく、なんとなく信頼できないところが多かったので何年も悶々とした日々を過ごしていました。

 そんな時インターネットで、このHPにたどり着きすぐにセッションを受けたいと思いました。HPには先生の考えがはっきりと書かれたいましたし、金額的に最初からどれくらいかかるとはっきりしたものがあったので。(他はたいがいはっきりしません)
でもやはり催眠療法を受けるというのは不安でもありました。なので主人について来てもらったのですが、いやな顔一つせず私と主人にわかりやすく催眠というものを説明して下さいました。その時点で大分緊張はとけましたが、まだまだ緊張していたので、こんな状態でほんとうに大丈夫なのかと心配していました。

 しかし、催眠療法が始まるとそんなことを忘れてしまうくらいの深い心地よさと久しぶりに感じた安心感に包まれました。その時、どれだけ私はふだんがちがちになっていたのかが、手にとるようにわかりました。自分の意識ははっきりしているんだけど、眠っているときのような心地よさ。不思議な感覚でした。2回目からは本当に深い心地よさを感じるようになりました。セッションを終えて帰るときには気分が明るくなり本来の自分と思えるような感じになれました。

 その後字を書くときや人に注目されるとき、まだドキドキしますが前の緊張とは全く違って自分でコントロールができるのです。緊張した場面では、セッションを受けている時の心地よい状態が思い出されて「よし、大丈夫だ」と思えるのです。むしろ緊張している自分がおもしろくなるような。そんな自分を感じるたびに自分に自信がついてきているのがわかります。

 披露宴も緊張はしたものの、ブルブル震え出すこともなく安心して楽しめたおかげで、大成功でした。

 自分はもうずっとこの症状を抱えたままで生きていくのかと思っていました。でも今こんなに安心した気持ちでいられて、勇気を出してセッションを受けて良かったと心から感謝しています。本当にありがとうございました。

催眠療法セッションのご案内 へ


催眠療法体験談集トップへ

催眠療法トップ