緊張(40代男性) - 催眠療法体験談 -

催眠療法体験者でないと分からない催眠療法の真実の姿、
ここにその貴重な証言をご紹介します。

緊張  40代 男性 
2回のセッションを受けた上での感想を以下に述べていきたいと思います。

 私の場合大学時代のある発表の機会をキッカケに“緊張する”ということを“意識”してしまいました。本を読む声が急に震え、動悸により汗が噴出し、勢い勇んでいた私にとっては正に青天の霹靂。「泣いてるのかと思ったよ」と言った友達の一言が胸に突き刺さり、以来刺さったままの状態でした。心の問題から“あがる”ということ、そして催眠へ。
 人前に立つ時には必ずその手の本や広告に目がいきました。実際に何冊かの本を読み、催眠療法と謳っている所に問い合わせてみたり、幾つか資料も請求してみましたが…。正直、私の中には催眠というものに対しての偏見や先入観がありました。耳年増的な浅はかな知識や固定観念も、です。
 
 しかし大方の診療所が料金やシステムなど、ただでさえ叩きにくい門を、尚更手の届かないモノにしてしまっているのも事実です。
 それからおよそ20年という月日の中で、人前に立つ時はどうにかこうにか自分を騙し励まし、或る時は酒で、また或る時は勢いで誤魔化し、ただ逃げただけの時もありました。仕事柄、場数はあまり無いとはいえ、それでも20年…。気が付くと、余りにも長い年月です。いつかは立ち直る、大丈夫、と思いながらの心を痛めたムダな時間。意識し始めると手まで震えて来始める始末となり、段々と消極的になっている自分に気が付きました。

 上野先生の事はインターネットのホームページで知りました。問い合わせや資料を検討していて催眠療法不信(?)に陥っていた私は、先生のホームページを見てすぐに受診の予約を致しました。その理由は以下の通りです。

1.身元が確かなこと

2.料金が前払い・セット料金ではなく、1回1回・当日払いということ

3.システムが事細かに明示してあること

4.治療(と言うのかどうか判りませんが)方針 、考え方が明確なこと

5.体験者の声と、先生による解説が親切であったこと

 1.に関しては(大変失礼ですが)私自身良く分かりません。が、臨床催眠療法博士号の学位記などが表示してあったので、先ずクリア。

 3.〜5.は1.の確かさを証明するものに思えました。意外と肩書きの立派な方でも、その肩書きにそぐわないモノを送ってくるものです。立派過ぎるパンフレットに誤字・脱字があったり、文脈のメチャクチャな体験者の感謝状、何処を捜しても方針 、考え方が見えてこないチラシなど。その“肩書き”そのもの迄疑りたくなるモノもあります。

 そして特に有り難いと感じたのは2.の料金システムです。心の悩みは人それぞれですので、回数もやはり人それぞれというのが普通の考え方だと思います。「セットで前払いでいくら、返金は致しません!」といきなり電話で言われた事もありました。また、大体の回数が目安として提示されている事も、悩みを解消する上での拠り所となります。

 さて、前置きが長くなってしまいましたが、初めて伺った時はやはり多少の緊張と共に期待と不安、ダメでもともとと、悩みの解消や催眠自体とその効果についての複雑な思いでいっぱいでした。そして、いざ上野先生に迎えられると、正直、いささか拍子抜けしたのも事実です。というのは気負って行った自分の気持ちを見透かされたような気がした、とでもいうのでしょうか。

 正にホームページに書いてある通りの、瀟洒なマンションの一室で、普段着姿(?スミマセン)の男性が、ただ「どうぞ」と部屋の中へ導いてくれたのです。それが上野先生でした。重々しい白い上着も着ていず、自然な態度で、落ち着いた部屋の中へ。そして私はソファに座っていました。

 それから催眠というものについての説明が有り、実際具体的な施しを受けた訳です。梅干や万力の話です。確かに梅干がなくてもスッパイ、唾が出ました。指もくっ付いて離れない、万力なんてある訳ないのに…。まだまだ狐につままれたような気持ちです。その日は偶然、朝梅干を食べて来たので梅干は効果的でしたが、万力となると話は別です。しかし唾は出、指も離れませんでした。思いを集中するだけで身体が反応した訳です。

 先生の説明が私の頭にスンナリ(?でも少々悔しいような気がしたのも事実です)と入って来たのが大きいことだと思います。第一に解り易い例え、正に眼に見えない万力や梅干が如何に心を締付け、スッパイ気持ちにさせているかということ、問題はそれらをどう取り除くか、ということ…。「簡単に取り外せます」と言われた時、もう半分くらいは既に癒されていたのかもしれません。

そして、いよいよ催眠です。先生の誘導により心が落ち着き、段々と晴れやかな気分になっていきました。普通の、過度の意識をしていないときの自分、緊張を楽しんでさえいた時の自分へ…。

 第一回目の感想を一言でいえば「とても理に叶った」、「納得のいった」モノということでした。

 およそ2週間をあけて第二回目のセッション。この間は正直、動揺した時間を過ごしたと言ってよいかと思います。というのは第一回目で頭では理解し易かった分だけ、初回終了時に頂いた「注意点の説明」に書いてあった通りの戸惑いや、習慣の力と実際にどう向き合えば良いのかという心の問題が浮かび挙がって来ていたようです。私が従来読んだことがあるこの種の本には、自分を“緊張状態に置いた上で”緊張そのものを克服する方法や自己催眠によるコントロール法など、幾つかの方法が記されていました。

 第一回目より自然に第二回目のセッションは終了し、習慣の力への抵抗という点を上野先生にお聞きしました。すると「緊張した時の事なんか、思い浮かべてはいけません」とのお答え。

 その答えにより自分の気持ちがセッション中の時のように、晴れやかで憑物の落ちたような軽い気分になりました。考えてみれば当然のこと。心配し過ぎたり、緊張している自分を思い浮かべて良いハズがある訳ないじゃありませんか…!

 今迄、私は緊張しない様に心配することで緊張し、言わばことある毎に声や指先が震え、心臓がドキドキするように自己暗示をかけていた訳です。すべてが単純なことなのかも知れません。しかし単純なことを複雑に考え始めると厄介なことになっていくようです。上野先生は絡まった心の糸を、分かり易い例えと単純な言葉でほどいてくれました。
 
 二回目のセッションの後、セッション時の心地良い気分と先生の戒めの言葉を胸に、以前から気掛かりだった所要の契約事の場へと臨みました。立会いの方々の前で幸いに手が震えることも、変な汗や心臓のドキドキもなく必要事項を書類に書き込み、サインを幾つか交わすことが出来ました。ひどい時は自分の名前だけでさえ上手く書けなかった私が、打ち合わせを含め30分以上もの間人様と事務処理のやりとりをした訳です。特に何よりも嬉しかったのは、自分で意識過剰にならなかったことです。他にも人前で手や声が震えず自分でも安心・自覚した機会を何度か持つことが出来ました。他の人からすれば極単純な、当然のことかもしれませんが…。しかし勿論、決してこれでイイ気にならず、“当たり前”で“普通”の気分を堪能していきたいと思っています。催眠というものも決して特別なモノではないことが解り、今後はこれをキッカケとして、自分を必要以上にイジメないよう気を付けていこうと思います。

催眠療法セッションのご案内 へ


催眠療法体験談集トップへ

催眠療法トップ