対人緊張(30代女性) - 催眠療法体験談 -

催眠療法体験者でないと分からない催眠療法の真実の姿、
ここにその貴重な証言をご紹介します。

対人緊張  30代 女性 千葉県
 私は受付事務をしている会社員です。入社して1年位たったころからなぜか会社で電話をとり社名を名乗るときに口が回らなくなってしまったのです。だんだん電話をとることが苦痛になり、仕事にも集中できなくなってしまいました。

 他の催眠療法や神経科にもいってみましたが完全にはよくなりませんでした。  そんなとき先生の催眠療法がとりあげられている記事を、雑誌でみつけました。その記事は禁煙希望の女性が1回の催眠療法でみごと禁煙に成功するというものでした。

 私は別の催眠療法に、10回くらいかよっても治らなかったけどこの先生のところだったらもしかしたら治るかもという気持ちになってきました。正直にいいますと不安もあったのですが、自分が納得できなかったら、1回だけにしようと決め、セッションをうけることにしました。

 最初にカウンセリングをしました。催眠は他人が勝手に操作するものはなく、行動の主体は本人にあるということ、を分かりやすく説明してくれたりします。  その後手の指がくっついて離れないと先生が催眠をかけたら本当に指が離れなくなってしまいました。

 私はその時に、今までの催眠療法とは違うと確信しました。(いままでのところはかかってるのかかかってないのかよくわからないような感じだったのです。)   次に本題にうつりました。職場でいきいきと電話をとる自分がはっきりとイメージできました。そしてはやく会社に行き電話をとってみたい気すらしてきたのです。

 そして、実際に電話の問題は1回で解決したのです。  もし、自分の意志でどうにもできない問題でなやんでいるかた、他のところに行ってはみたけど効き目がなかったかたは先生のセッションをうけてみることをおすすめします。

=======  コメント    セラピスト 上野  =======

 催眠療法はたいてい行う前と後とでは明らかな変化が顕われている場合が多いのです。
 (よそで)10回も催眠療法を受けてもこの種の対人緊張に関して効果が実感できなかった、というのはとても奇異なことです。(この方は性格的にも被暗示性にしてもとても催眠療法に適した方でした。)

 よその催眠療法の話をクライアントさんから聞く時はたいていこうした理解しがたい話が多いのです。皆さんも注意されて下さい。
 
 ただし、一回で大きな改善の実感は得られやすいものですが、これをしっかり習慣として定着させるためには複数回(この方の場合はこの件で計2回行いました。)行う必要があるのです。

 よくこの点を誤解されている方がいて、調子が良いのでもう自分でがんばれるのでキャンセルします、という方がいますが、自分でどうにもできないから来たことをすっかり忘れてるようです。   
 定着していなければ いずれかつての習慣がなにかのきっかけで戻って来てしまうものなのです。 以前の習慣はそれなりの年数かけて既に定着していたのですから、その力は決して軽視できないのです。

 この事は総ての方にくどいくらい説明してるのですが、目先の結果が統べてだと勘違いする人が多くいます。また一方で、催眠に入っていながら施術の前後で変化があらわれない方々もいます。こういう方々は、自分のウソの願望を主張している方々です。 

 また、施術の後で、変化が実感できていながら(効果がありながら)、後になってからそれを否定する方もおられます。 そういう方は、潜在意識では変化を望んでいても、健在意識では実は元の状態でいたい方なのです。 

 よく催眠療法で何割の方が改善されますか? と尋ねられますが、 それは確率の問題というよりは、どういうつもりなのか、という問題が本質的な問題なのです。

 皆さんもここをはきちがえないで下さい。

催眠療法セッションのご案内 へ


催眠療法体験談集トップへ

催眠療法トップ