催眠療法メルマガ第10号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

────────────────────── 第10号 2013年1月18日号

さて、前号の一つ目の疑問ですね。

自分にはもう良い状態など消え失せているので、
取り戻しようなんてない、ということもあるのではないのか、
ということですね。

それは確かに顕在意識にはもう既にないことでしょう。
それにもし、自分でその状態を取り戻せていたのでしたら、
そもそも催眠療法を受けるまでもなく、
自分で元の良い状態に戻せていたはずですから、
はじめから問題なんて起きていなかったでしょう。
実際、そういう方も多いはずです。

です、自分で元の状態に戻すことできず、
良い状態は既に消え失せてしまっているような場合でも、
潜在意識はその状態を残しているものです。
ただ、その状態顕在化していなく潜在化したというだけで。

そして、その既に消え失せてしまってるように感じるかつての良い状態を
潜在意識とかかわって引き出してくるのが催眠療法の最大の肝となる点なのです。

これは催眠状態だからこそ行える特殊な技なのです。
他の心理療法催眠療法を区別する最も顕著な点です。

催眠状態で、ある種のこの潜在脳を味方につけて
この失われたかに見える状態を引き出して
顕現化させるの、いわゆる催眠暗示です。

これには独得の技術があり、直接的な言葉だけではありません。

いや、むしろ直接的な言葉ほど、潜在脳は動かされません。

次回は、この点をちょっとだけ見て行きましょう。

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/
臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)







まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ