催眠療法メルマガ第100号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第100号 2015年7月10日号

このメルマガもいよいよ100号の大台(?)に乗ってきました。
100号だからと言って、今回。別に何か出るわけではありませんが。

さて、前号の問題、考えてみましたか?
もう一度聞きますね。

思い出した場面で、もしご本人が一人前の大人だったとしたらどうでしょうか?
何かが変わってきますか? それとも何も変わりませんか?

まず、普通の大人なら、その場面は決してお母さんが自分を虐待している場面では
ないことが分かると思います。 お母さんは単に、自分より幼い幼稚園の妹が具合が
悪いと訴えるので、それに構っていただけだったにしか過ぎなかっただけで、
決して自分を虐待していたわけではなかったことが分かると思います。

別に、そうだからと言って、決して本人が傷ついたことは本人がどこかおかしいとか、
間違った考えに基づくものだと言ってるわけではありませんよ。
ただ、普通の大人の目で見るには、お母さんは決して虐待していたわけではない場面だと
いうことです。

もっとも、この場面はたまたま虐待してなかったというだけで、これだけが本人が傷ついていた
場面のすべてではないだろうから、数ある場面の中にはきっと、本当に虐待されていた場面も
あるはずだと、思われるかもしれませんね。

ですが、それは普通間違いなのです。 この場面に誘導する時点で、
問題の原因となった場面、と指定して潜在意識に思い出してもらっているわけですから、
ある意味、一時が万時の場面なのです。 ここが潜在意識の力を借りた催眠療法、退行催眠療法と、
顕在意識下での通常のカウンセリングとの著しい相違点です。

さて、普通の大人なら確かにそうかもしれないけど、本人はその時、小学生だったのだから、
そんな風に思えないではないですか、ごまかさないで下さい、とあなたはおっしゃるかも
しれませんね。

では、聞きますが、あなたはどう判断してますか?
次回までよくよく考えておいてください。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ