催眠療法メルマガ第101号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第101号 2015年7月20日号

そう、大人のあなたなら、その場面で、お母さんが具合が悪いと訴えている妹さんを
かまうのは当たり前のことで、お母さんは決して自分の事をおろそかにしていたり、
ましてや虐待していたわけでは決してなかったということはお分かりだと思います。

さて、確かにそれはそうかもしれないけど、受けている本人は、小学校低学年に
退行しているんだから、そんな風には思えないはずだ、と思われてはいないでしょうか?

どう思いますか? しばらく考えてください。








さあ、どうですか?

そう、退行して出てきた小学校低学年のご本人の感情としては、もちろん、
そのようには思えません。 あくまで、自分は虐待を受けていると思っていて、
傷ついているのです。 それは紛れもない事実です。

ですが、それが全てではないのです。 そこに退行催眠で思い出す有益性があるのです。
さあ、それは何でしょうか?? これは以前にも確か触れましたっけ。
もう忘れましたか? それとも私の錯覚ですか??

本人は確かに小学校の低学年に退行していて、その時の記憶を思い出しているのですが、
意識はそれが全てではないのです。 催眠療法ではそこが重要なのです。

では、あなたに聞きますが、催眠状態とはどういう状態にあるのでしたっけ?
潜在意識のみの状態でしたっけ?? (ここでは小学生の低学年の記憶のみでしたっけ??)

だいぶ以前に触れてると思いますが、催眠中は潜在意識と「同時に」顕在意識も
起きている時と同じようにしっかりと働いているんでしたよね。 覚えてますか?

つまり、ご本人の現在の大人の意識もその時同時に働いているのです。
ご本人は同時にその小学生低学年の自分が見て感じていることを今の大人の意識でも
見ているのですよ。
つまり、通常は、あなた(大人)が思ってることとほぼ同じことを考えているとまで
言えるのです。 もちろん、大人の全員が全く同じには思わないかもしれませんが、
すくなくても、お母さんは自分を虐待していたというわけではなかった、ということは
通常、誰でも思うことでしょう。

おわかりでしょうか?


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ