催眠療法メルマガ第102号



☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第102号 2015年7月30日号

分かりますね?

ちょっと確認しておきますよ。 小学校低学年の本人は、その場面で傷ついている。
そして本人は母親が自分を虐待しているとその時思っている。
それが本人が思い出した本人の記憶なわけです。

それは、本人が催眠療法のセッションに先立って訴えていた内容とよく一致してはいます。
ただ、大人の現在の本人の意識、というか、より客観的な立場からその場面を公正に見ると、
母親は決して本人を虐待しているわけではなくて、母親はただ単に、より幼い妹が
体具合が悪いと訴えてるので、幼い妹をかまっている、その結果として、大きなお姉ちゃんを
かまってる暇はなかっただけに過ぎなかったんだ、ということが見えてくるわけです。

ここで、退行している本人にとっては、この退行して思い出した小学校低学年の時の記憶と
同時に、現在の大人に成長している本人の顕在意識の両方が働いている、ということなのです。

おわかりでしょうか?

そうすると、通常、必然的に何が起きるでしょうか?

しばらく考えてみて下さい。









・・・
そう、幼い自分がお母さんが自分を虐待していたと思っていたけど、それは事実ではなかった。
それは自分の錯覚だったんだ、ということが現在の顕在意識上に現れて来るはずなのです。

その方はセッションに先立って、自分のトラウマは幼い頃に母親に虐待されていた、と
語っていたわけだったのですが、実際にはそうではなくて、それは本人の錯覚だったわけなのです。

この方のトラウマとは、本当は、お母さんを誤解していた、だったのです。
本人が思っていたトラウマは、微妙に、だけど決定的に間違っていて、
本当は、間違った思い込みこそが、トラウマになっていたのです。

たいていの場合、トラウマというのは、こうした微妙に本人の思い込みとはずれたところにあって、
間違った思い込みがトラウマになっているものです。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ