催眠療法メルマガ第103号




☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第103号 2015年8月10日号


さて、トラウマがどこにあったかしっかりと把握できたでしょうか?

先の例の場合、確かにクライアントさん本人が主張していたお母さん絡みの
出来事の中にはありましたが、それは本人の主張しているとことは別のところにあったのです。

でも、確かに本人が主張していることに、ある意味似ているところに本人が傷ついている
事実はあるにはあったのです。 その時、幼い本人にとっては正しくお母さんが虐待していたわけです。
但し、客観的な目と申しますか、大人に成長した本人の目からみれば、それは虐待とは
とうてい思えない事象であったわけです。

おわかりでしょうか? 退行催眠で思い出す記憶は、その当時の本人の記憶です。
その時、本人がどう感じていたかも、その時の本人が感じていたように蘇ります。
ですが、それが全てではないところに退行催眠、催眠療法の意味があるわけです。

催眠中といえども、顕在意識も働いていますので、今の成長した大人の意識でも
同時にそれを観ているのです。 通常は今の大人の意識は、その時の幼い自分の意識ではなく、
より客観的な意識なのです。

その時の自分の意識と、より客観的な意識の両方とも働いていて、その時の事象を
その時とは違って、より客観的に見定めることができる点に意味があるわけです。

そうしてはじめて、自分が何か勘違いしていたことが認識できるわけです。
実のところ、トラウマというものは(全てではありませんが)、たいていはこうした、
間違った思い込みだったりするのです。

お分かりでしょうか? その時の本人が虐待を受けたと感じたからといって、それが、
事実ではなかったことが、大人の今の意識を通して認識できるのです。

だったら何だと言うのですか?、ですって??
それは考えるまでもないことですが・・・


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ