催眠療法メルマガ第104号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第104号 2015年8月20日号

(前号で)だったら何ですか? ですか??

自分がお母さんから虐待を受けてきていたと思っていたけど、
それはまったく自分の間違った思い込み、自分の錯覚で、
実際はお母さんは単に、体が具合が悪いと言って訴えている幼い妹ばかりを
その時かまうのはまさに当然の事でしかなかったということです。

お母さんはその時、本人への虐待を行っていたのではなくて、
当然のことを行っていただけだった、ということだったわけなのです。

大きな(といっても小学生ですが、)お姉ちゃんは
かまう必要はなかったということだったわけなのです。

ただ、それを本人は自分だけが構ってもらえなくて辛い思いを(実際に)したということ
だったわけなのです。そのことを本人は虐待だと受け止めてしまったということなのです

その時の意識と、より客観的な意識(大人に成長した意識)が同時に働いていることで、
上記のようなことがはっきりと認識できるということなわけです。

催眠療法で行う退行催眠は、単に記憶を思い出すということではなくて、
こうした意味があるわけなのです。 お分かりでしょうか?

それがおきるとどうなるか? ではこれを考えてみて下さい。
・・・・・・、まあ、ここからはむしろ催眠は関係ないとも言えてくるわけですが。
しっかり考えておいてくださいね・・・


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ