催眠療法メルマガ第106号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第106号 2015年9月10日号

さあ、考えていただけましたでしょうか?

前号までで、その方が幼い時に受けていたとされる虐待は実際には虐待なんかではなくて、
それは、その人の単なる勘違いで、間違った思い込みだったことを、退行催眠を通して
説明して来ました。

さて、そうなると何だというのでしょうか?? 考えていただけましたか?
これはセラピーなのですよ。

本人はそもそも現在、社会に上手く適応できなくて困っている原因は、自分が幼い頃に
母親から虐待されていることにあるんだと主張して、そのトラウマを解消したいと要求
してきた方だったのですよ。 そしてその原因を探って行きついた先が、それは
本人の間違った思い込みだった、というわけだったのです。 これが退行催眠療法の
結果だったのです。

さあ、それではどうなのでしょうか!!
当然のこととして類推されることは、現在本人が社会で上手く適応できない原因も、
何も周囲が悪いとかではなくて、本人の間違った思い込みではなかろうか、
何かを考え改めなければならないのは他の何かではなくて、本人自身ではなかろうか、
ということなのです。

お分かりでしょうか?

さて、この方の場合、問題のトラウマは果たしてどこにあったのでしょうかね??

もちろん、退行催眠で出てくる内容は人それぞれ異なります。 ですので、
似たような問題でも他の方ではまったく異なったニュアンスの記憶
思い出されるケースもあるものです。 似て非なるケースまでも同一視するのは
未熟なセラピストに顕著ですので、注意されてください。
セラピーはルーチンワークではできないのです。

今話がそれましたが、原因となった場面の意識より現在の大人の意識の方が
はるかに客観性のある意識であるため、退行催眠はセラピーに役立てられることも
お分かりになったと思います。

そして、トラウマというのも・・・


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ