催眠療法メルマガ第107号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第107号 2015年9月20日号

さあ、そしてこの方のトラウマというのは、その間違った思い込みにあったという
わけなのです。それが認識できてはじめて現在のその方の状況は変わり得るわけなのです。

間違いはただされなければなりません。 ただされない間違いはさらに大きな間違いを
作り出す結果になることは言うまでもないでしょう。

さて、これまで見てきて、退行催眠療法にはいくつかのポイントがあることは
お分かりかと思いますが、実は、有効なセラピーとして作用しないケースというのは
さまざまあり得るものなのです。

この方の場合、例えば、自分の間違った思い込みにあった問題をたださなければ、
セラピーとしては作用しないわけです。

ですが、そうした問題はその他のさまざまなポイントポイント、節目節目でまだまだ
あるわけです。

そうした節目節目、ポイントポイントをさまざま、振り返ってあげてみてください。
セラピーはそれらすべてをクリアーできてこそ成功と言えるのです
そうしたポイントポイントを数多く思いつくまま、次回まであげておいてください。

もちろん、この話以前の話として、退行して記憶を思い出せなかった場合は、
ポイント以前のポイントです。 そういうポイントはあげないでください。

さあ、次回までしっかり頭を使って復習して、要所要所を整理して見つけ出しておいて
ください。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ