催眠療法メルマガ第108号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第108号 2015年9月30日号

さあ、先にあげた退行催眠のポイントはいくつかあげることはできましたでしょうか?
貴方が思いついたポイントはもしかすると非常に的を射た的確なポイント
かもしれませんが、もしかすると全く的外れなポイントでもなんでもないもの
かもしれません。

ですが、的外れだったとしても貴方がダメだというわけではありません。
それよりも、何もあげることができないことのほうが問題といえます。

さて、そのポイントとなるところですが、最大のポイントとはどこでしょうか??

その前に順番に要所要所を振り返ってみることにしましょう。

まず前号で触れたように、第一にポイント以前のポイントとして、ちゃんと問題の場面を
思い出してくれることが前提となります。

今、ポイント以前のポイント、前提、と言ったのは、問題の場面を思い出したからといって
それで即、そのままセラピーになるというわけではない、という意味です。

もちろん、このそれ以前の前提にはちゃんと催眠に入っていることがあげられますが、
世間の退行催眠療法と称しているところでは、この辺のところから既に
だいぶ怪しいのが実態です。

それはともかく、次に、問題の場面でその当時の自分が何をどう感じていたかが
ポイントとなります。 それが良いとか悪いとかということではありませんよ。

そして、現在の成長した大人の意識がその場面をどう捉えているか、という点です。
周囲の関係者達の心情も含めてです。

さあ、とても重要なポイントは以上です。 割と少なかったですか??

さあ、それでは次に、これらはどう重要だったのでしょうか??


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ