催眠療法メルマガ第109号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第109号 2015年10月10日号

もう一度整理しておきますよ。
思い出した問題の場面で、その当時、本人がその場面をどう捉えていたか、
ということと、もう一つ、それと同時に大人に成長した現在の自分が、
その場面をどう捉えているか、という2点がとても重要なポイントなのです。

ただし、もちろん、これだけでそのままセラピーになると言うわけではありません。
大人に成長した現在の意識というのは通常、当時の幼い自分の意識とは非常に異なっていて、
より客観的な意識なわけです。 そうした意識でその当時の場面を認識する必要が
あるわけなのです。 これがもしできないと、思い出した記憶は単なる思い出した記憶にすぎず、
それでセラピーが成立するものとはならないのです。 お分かりでしょうか??
これは非常に大切なポイントですから、ご自身で何度も、どのように大切なのかを
何度も考え直すようにされてください。

通常、幼い頃の認識というものは、必ずしも正しいものとは限りません。
もちろん、その当時はその当時の認識があって、その出来事を捉えているわけですから、
そのこと自体が良いとか悪いとかいうものではありません。
ですが、通常はしばしば間違った捉え方、自分本位な捉え方をしていがちなものです。
より客観的な意識では通常、そうした間違い、自分本位な捉え方を認識できるものです。
問題とされる場面を思い出した際に、そうした客観的な意識も同時に働いていることが
不可欠なのです。 もう一度言いますが、「同時に」です。
そして、催眠療法においては退行催眠でそれが普通に行われているのです。

そして、それゆえ、思い出した問題とされるその場面で、当時の幼い自分が、
なにをどう捉え違いをしていたか等が認識されるわけです。
通常その時、当時自分が思ったことは、実は間違った思い込みに過ぎなかったことが
認識されるわけです。 それまでの認識は変わり、 このことが直接、本人を解放させる
ことに繋がるわけです。

ここで一点注意ですが、決して客観的な意識を持ってして、当時の自分の捉え方や意識を
責めて良いわけではありません。 それは仮に反省だったとしても、何ももたらしてくれはせません。

お分かりでしょうか?  とりあえず一区切りですかね。

(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ