催眠療法メルマガ第110号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第110号 2015年10月20日号

一区切りついたところで、では質問です。

先の方の例の場合で、もし、当人の大人の意識もそのとき催眠状態で思い出した
幼い子供の意識と同様に、やはりお母さんが自分を虐待している、と認識した場合、
では催眠療法ではどういう癒しやトラウマ解消が可能でしょうか?





どうですか? 考えてみましたか?


さあ、そう、何も起きようはありません。可能なセラピーはありません。
何一つ変化は起きません、というか、起きようがありません。
どうにもならないのです。 そうした幼いままの成長してない意識では。

これはセラピストがお説教してどうにかなる話ではないのです。
成長した意識が自分で見て、自分で修正して行くセラピーなのです。

なので、成長してない人は成長するまで何やっても癒しは起きないと言えます。
意識が成長して初めて癒しも起き得る下地ができるのです。

では、成長してない人の場合はトラウマが解消されることも
ないということなのでしょうか?

ちょっと待ってください。

ここで出てきた、成長のレベルと言っても、たいしたレベルでないのは
お分かりかと思います。
別に普通に成長して大人になった人のレベルでしかなかったのはご覧の通りでした。

幼児退行の場合はこの程度のもので、通常は十分なものです。
むしろ、この程度の成長もできてない人というのはかなりの少数派と言えるでしょう。
ただし、現実にそういう方も存在するのは間違いのない事実でもあります。

見かけ上、催眠療法が失敗する場合の主要な理由の一つはこれです。
どこにその責任があるのかはともかく、ですが。

(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ