催眠療法メルマガ第111号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第111号 2015年10月30日号

ところで、退行催眠で思い出させる場面というのは、通常はこのように、
現在の問題の原因を作り出してしまった場面です。

通常はそうした場面と言うのは得てして、その当時の本人にとっては辛い場面、
の可能性が高いわけです。それは結果としてそういう場合が多い、というだけのことです。

これは重要なことですが、わざわざそうした辛い場面を思い出させているわけではない、
ということです。 あくまで原因を探ってたどり着いた先がそうした辛い場面だった、
というだけのことです。

ですが、世の中のたいへん多くの施術所ではトラウマ解消と称して、わざわざ辛い場面、
嫌で嫌で絶対に思い出したくもない記憶をわざわざ思い出させるところが多い、と聞きます。

それは、これまで私の元を訪れたクライアントさん達本人たちを通して聞いた話です。

そういう記憶をわざわざ思い出させることは、似て非なる手法なのは
お分かりでしょうか??
これまでちゃんと読んでこられてる方なら、いちいち、
こんなこと聞かなくてもお分かりだとは思いますが・・・

いくら、原因を作り出した場面はとかく辛い場面が多いとはいっても、別になにも、
辛い場面が問題の原因を作り出した場面というわけではありません
この違いはおわかりでしょうか?? 論理的に。

くれぐれも錯覚されないように頭を常に働かせるようにしてください。

では、わざわざ辛い場面を思い出させた場合、何が起こってしまうことになるのでしょうか??

次回までよくよく頭使って考えておいてください。

(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ