催眠療法メルマガ第112号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第112号 2015年11月10日号

さて、前回は、退行催眠で思い出してもらう場面と言うのは、結果的には辛い場面が多い、
ですがそれは決して、わざわざ辛い場面を思い出させているわけではない、と述べました。

そして、それではもし、わざわざ辛い場面を思い出させた場合、何が起こることになるのか、
と問うたわけです。

ちゃんと考えてくれましたでしょうか??

考えないで答えだけ聞いても、それは何の意味もありませんよ。
それは答えとしての意味は既に持たなくなってしまってますので。

それでは、そうした意味での答えを示すことにしましょうか。
いや、それとも、それは待って、次回まで考えてもらうことにしましょうか??

でも、前回の終わりに、次回(つまり今回)までと言ってますので、
今回その答えをあっさり書いて終わりにしましゅかね。

さて、わざわざ辛い場面を思い出させた場合、潜在意識は辛い場面を呼び起こしてきますので、
その辛い状態が再現されてくるわけです。

以上です。

この意味がどういう意味なのか、きちんと考えておいてください。

催眠療法というのは、意味もなく潜在意識にアクセスしているわけではありません。
ですが、意味もないアクセスでも潜在意識は反応を返してきます。
言っている意味はお分かりでしょうか??

ですが、実際は、催眠状態に誘導さえできていない施術所が大部分のようですので、
実のところは潜在意識にはアクセスできてはいないのかもしれません。
ですが、その場合でも、顕在意識には普通にアクセスできているわけです。
では、その場合、はたして何が起きるのでしょうかね?

次回までに考えておくつもりはありますか?


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ