催眠療法メルマガ第113号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第113号 2015年11月20日号

さて、前回は、わざわざ辛い場面を思い出させた場合は、その辛い状態が再現されてくる、
と言いました。

そして、これはどういう意味なのか考えておいてもらうことにしたのですが
考えてみましたでしょうか??

そのまさに辛い状態が再現されて出てくるのですよ。
その辛い状態にエネルギーを与えて再び顕在化させるようなことをしているということに
なるわけです。これがトラウマ解消などに全くなってもいないのはお分かりでしょう。
一般に催眠には増幅の作用があります。 その現れた状態は力を持って日常化しかねなくなります。
そんなことが、よく世間でトラウマ解消と称して行われていることだったりします
こんなセラピーにも何にもなってないことを、そうとは知らず求めている人がいるのも事実
ではあるようです。

こう言うと、問題の原因を探って行っても結局は辛い場面が出てくるのなら、結局のところ
同じではないですか?? という開き直った質問をしてくる人もいるかもしれません。

まあ、これは同じようには見えるかもしれませんが、決して同じではありません。
原因を探った結果としては辛い場面が出てくる場合が多い、ということと、初めからわざわざ
辛い場面を思い出させるのとは行う目的が全然異なります。

お分かりでしょうか?? ただそれでも、辛い場面が出てくることに関しては差異が見られないと、
思ってはいないでしょうか??

でもそれは表面上の事に過ぎません。 前者の場合は焦点が当たるところは「辛さ」ではなくて、
あくまで「原因」なのはお分かりでしょう。 辛さは認識はしても、それには気を取られずに
「原因」に焦点が当たって記憶は蘇ってくるのです。

ところが後者の場合、わざわざ辛い場面を思い出させてるわけですから、原因に焦点は当たらずに
まさにその辛さに焦点が当たって来るわけなのです。 「原因」は認識されることなく、
「辛さ」に気をとられることになってしまいます。

この決定的な差異が認識できなければなりません。
貴方はこれまで間違った認識のもとに催眠療法や退行催眠を考えてはいなかったでしょうか??


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ