催眠療法メルマガ第114号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第114号 2015年11月30日号

前号までで、世間でトラウマ解消と称して行われている退行催眠がセラピーに
なっているどころか、実際には症状の悪化に繋がっていたことが理解できましたでしょうか??

催眠はそれ自体は安全なものですが、それでも、増幅作用はあるわけですから、
辛いこともそれに焦点を当てれば増幅されてしまうのです。
もっとも、それが本当に危険な物であれば潜在意識は思い出させないようにも
働きますので、嫌なことが増幅されても限度と言うものはあります。

催眠それ自体が安全なものだと言うのは別に、催眠を行えばそれで楽になるとか、
自動的に問題が解決しているというようなものではないんです。
催眠療法において、催眠はあくまで道具なのです。
いくら安全な道具でも正しい使い方というものがあります。
そうでない使い方をした場合、好ましくないことが起きないという道理はありません。

この辺を錯覚していてはいけません。

ましてや、記憶に残っている嫌な記憶を思い出させる、というか呼び覚ましていては
何をやっているかそもそもわかりません。 記憶に残ってるくらいですから、
そうした記憶は嫌な記憶でも、忘れてしまうほどの嫌な記憶ではないわけです。

あ、言い忘れていたかもしれませんが、本当に耐えられないほどに辛いことならば、
潜在意識は、命を奪うわけにはいきませんので、そうした記憶は忘れさせてくれるものです。
ですので、覚えている記憶には、たとえ辛い嫌な記憶でも耐えられないほどのものは
ないものです。

ですが、そうしたことを増幅してセラピーになる道理はありません。
くれぐれも錯覚すぃないよう注意されてください。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ