催眠療法メルマガ第115号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第115号 2015年12月10日号

さて、世の中で行われている催眠療法のトラウマの解消というものが、多くの場合
いかに意味がないどころか、危険ではないにしても有害とさえ言えるものかは
お分かりいただけたと思います。

さて、それではトラウマの解消というのはいかなる場合でも必要ないものなのでしょうか??
なんて言う疑問があなたに出てきたとすれば、それは言うまでもなく、
最近のこのバックナンバーを読んできてなかったという証明です。

トラウマと言うものはどういうものなのかはそれ以前に話してきています。
バックナンバーをしっかり読み返されてください。

ところで催眠療法も、セッションを行って作用しているように見えても、
実際のところすぐ元に戻って改善が見られないような方も時折いらっしゃいます。
催眠療法は通常、トラウマがある場合でもトラウマに触れることなく
問題を解決できる場合が多いのですが、そうした方の場合は、何らかの
トラウマがあって、それを解消しなければならない人の場合です。

ここで言うトラウマとは、直近の号で言ってきたような本当はトラウマでも
何でもない思い出したくもない嫌な思い出のことではなくて、その前に触れていた
(盲点となってるような)本人の自覚がないトラウマのことです。

仮にトラウマがなかったとしても、どうしても自覚できるまでに出してしまわなければ
ならない何かがある方の場合です。


(続く)
___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ