催眠療法メルマガ第116号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第116号 2015年12月20日号

さて、(盲点となってるような)本人の自覚がないトラウマに関しては、
少し前に話してきてますのでよろしいかと思いますが、(これが本来のトラウマ)、
それでは、トラウマがないのにどうしても自覚できるまでに出してしまわなければ
ならない何か、とはいったい何なのでしょうか??

今、というか前号でうっかりトラウマがないのに、と書いてしまいましたが、
正確に言うと、それは、トラウマでないとも言えないかもしれません。
最も深いものはその方の人生に影響を及ぼしているカルマ(業)です。

この領域までアクセスできるほど深く催眠に入れるクライアントさんは決して多くは
ありませんし、通常は扱わないのですが、それが出て良い時期というのがあります。
そういう時期になったから出てきているとも言えますが、そういう時には
恐れずに全部出してしまった方が良いのです。業ですので、それに関する思い出す記憶は
決して楽なものではなく、少々辛いものかもしれませんが、出すべき時期が来ている時には
本来出るべき出方で出るよりははるかに楽に出せるものなのです。

まあ、そこまでは行かなくても、まだ業というレベルのものにはなってはいないけど、
今のうちに出しておいた方が良い(つまり後々楽)ものを持っている人というのは
時折いらっしゃるものです。 そういう方の場合は、心身の症状と言うものを使って
それを本人に気づかせているのです。

そういう方の場合は、いくら以前の健全な状態を(私の催眠療法で)顕在化できても、
心身の症状は抜けません。 退行催眠を行う多くの場合はそうした時です。

今号は少々易しくはない話だったかもしれません。


(続くかな??)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/





まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ