催眠療法メルマガ第117号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第117号 2015年12月30日号

過食嘔吐はとかくトラウマ絡みの複雑でやっかいな問題をかかえこんでいる症状と
みられがちのようです。 実際、医療機関では、過食嘔吐を治すには長くかかる、
少しずつ少しづつ粘り強く構えておく必要があるかのように言われるようです。

ですが、私の経験上では、トラウマが仮にあったとしても、それを処理する必要のある
ケースは、決して多いわけではありません。
他の症状と同様、初回からはっきりと成果があがってくるセラピーに違いはありません。

ですが、確かにやっかいな人の割合は多い類の症例かもしれません。
その典型的な例は、中学生の時に過激なダイエットを行ってガリガリに痩せた人です。
過激と言ってるのは、例えば1日にバナナ1本だけとかいうダイエットです。
そういうダイエットは、多くの場合、どこかで過食嘔吐に転じるようです。

ほとんどの場合で女子ですが、彼女らは、食べても吐けば、太ることはないだろう、と、
ある意味で合理的に考えて、自ら吐くようになります。最初は意図して吐くのです。

それが何度か続けば、いつの間にか意図しなくても自然と吐くようになるわけです。
この段階ではもう、それが習慣になりつつありますので、その状態は、
それを継続して行くという力を持つようになってきています。

それでも、吐くという行為はいつまでも続けていたらまずい、とは考えて、
何とかしようと思うわけです。

ですが、こういう方の場合、私の催眠療法をもってしても、ダメな方は少なくはありません。

さて、それはどうしてだと思いますか? 何がネックになっていると思いますか?

催眠療法が作用しない何か必然的な理由でも、果たしてあるでしょうか?
次回までじっくりと考えておいていて下さい。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ