催眠療法メルマガ第118号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第118号 2016年1月10日号

2016年、新年、あけましておめでとうございます。
挨拶も早々に、さっそく中身に入っていきます。

さて、前回質問したことは考えていただけましたでしょうか??

中学生の時に過激なダイエットをしてガリガリに痩せた人というのは、どこかでそれが
過食嘔吐に転じる場合がほとんどですが、彼女たちは私の催眠療法をもってしても、
失敗しやすい人達なわけですが、何がネックになっているでしょうか、という問いでした。

さあ、お考えになっていただけたでしょうか??

メールを下さった方の中には、中学生というその年齢自体が大人の年齢と言うよりは
子供の年齢なので、大人になってからだと普通に食事したことはなくて、いつもいつも
過食嘔吐だったわけだから、潜在意識には大人として普通に食事をしたことがないのだから、
潜在意識から何も持って来ようはなかったのでは? というお答えの方がいらっしゃいました。

はい、なかなか私のメルマガを良く読まれてる方だと思いました。
確かに小学生の時は正常な食生活をしていた可能性は高いかもしれませんが、
大人になってからだと、大きな年齢のギャップがありすぎると、なかなかその時の状態というものは復元しずらくなってくるものです。

ですが、催眠にかかりやすい方の場合ですと、小学生の時の状態でも復元できる場合も結構あります。
ですので、何割かの方はちゃんと作用しても良さそうなのですが、そこまでも作用するい方はいないのです。

つまり、他にもっと強烈な必然的な理由があると考えられるのです。

次回までもう一度、考えてみてください。もっと強烈な理由を。
尚、メール歓迎してます。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ