催眠療法メルマガ第119号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第119号 2016年1月20日号

さて、もう一度考えていただけましたか??
中学生の時に過激なダイエットをしてその後、それが過食嘔吐へと転じた女子達は何故、
私の催眠療法をもってしても過食嘔吐から抜け出せないか、ですが。

何か決定的な理由を見つけることはできましたか??

えっ?? 何ですか??
そうした方々のほとんどはもともと小学生、あるいはそれ以前の時から食べ過ぎの人が
多いからですか??

うーん、あるいはそういう裏もなきにしもあらずですね。
ただ、彼女たちは一様にそれ以前には過食をしていた時期はなかったと答えてはいますが、
それがすべて正直に事実を語ってくれているとも限りませんからね

なのでもしかしたらそうなのかもしれません。

いえ、言葉を替えて言うなら、もっとハッキリした理由があるという意味です。
もう一度聞きます。 それは何でしょう??

次回までまた考えますかね?? それはだるいですか??

では今お答えすることにいたしましょう。

そもそもの彼女たちの欲求が、「ガリガリに極端に痩せていたい」からなのですよ。
そのためには手段なんて選ばないからなんですよ。
彼女たちは年齢的には大人になってもどんなに無理をしてでも、どんなに体には悪くても、
たとえ、それでどんな重篤な病気になったとしても、ガリガリに極度に痩せていたい欲求を
手放すことなんてできないからなのですよ。

彼女たちの欲求は健康的にスリムでいたいのではなくて、
たとえ病身でいても、ガリガリに極度に痩せていたいからなのですよ。

それが嘔吐を手放せない理由なのですよ。
嘔吐する人でも、食べたものの全てを吐くことはなかなかできないで、
結局は太ってしまう人は多いものですが、
彼女たちは、食べたもののほぼすべてを吐く術を持っているわけなのですね。
なので、過食も気にはしないわけです。

こういう人が何で過食嘔吐を止めたいなんて相談で来るのか疑問に思うかもしれませんが、
一つには、自分で自分に対しての認識があまりないこともありますが、
もう一つには、家族の方に連れて来られる方々もいるという点があげられます。

あ、そうそう、誰かにつきそってもらって来る方がたの中には時として、
相談内容が本当は本人の相談内容ではない方々も、ままいるものです。

催眠療法で人を操ることはできません。 念のため。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ