催眠療法メルマガ第120号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第120号 2016年1月30日号

さあ、それでは、そうした例え健康を損ねたとしても、取り返しのつかない病気に
なったとしても、ガリガリに痩せていたいという人には何かトラウマが
あるのでしょうか??

それはもしかしたらあるのかもしれませんが、残念ながらそれを探る術はありません。
おっと、迂闊に答えを先に出してしまいましたね。 考えてもらうのを忘れてました。

では、改めて問題です。 では何故、トラウマがあるかないかを探る術はない、
のでしょうか??

これを次回まで考えておいてもらうことにして、今回は先に進みます。

こういう方は顕在意識でガリガリに痩せていたいという願望を持っていることは
前回話しましたが、それでは潜在意識はどう思ってるか何か見当はつきますか??
その術は何かあると思いますか??

このことも是非、じっくりと次回まで考えておいてもらいたいと思います。

えっ? 問題にとっかかりがありませんか??
何をどう考えて良いか分かりませんか??

では一応、ちょっと基本的なところを整理しておきましょう。

催眠療法がクライアントさんの望むように作用する時というのは、
そのクライアントさんが、顕在意識でも潜在意識でも両方ともに、
それを望んでいる場合に限ります。

さあ、このクライアントさん達は少なくとも顕在意識では、ガリガリにやせていたい、
のですから、拒食症を止めて健康的に食べるようにはなれないことは
その段階で分かってはいます。 潜在意識によらず、というわけです。

そこで、今問うている問題は、それでは潜在意識はどう思っているのでしょうかね??
それを何か考えれる術はありますか?、という問題です。

さあ、次回までじっくりと考えておいて下さい。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ