催眠療法メルマガ第121号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第121号 2016年2月10日号

さて、健康を損ねてまでガリガリに痩せていたい人がトラウマを持っているかどうかを
何故探るすべがないか、でしたね?

考えていただけましたでしょうか??

それは本人が問題だとは思ってないからです。

本人が問題だと思わない限りは、たとえ問題だったとしても、
何も手がかりがつきません。
もし、何か出てきた場合でも、何も捉えることなく、素通りするのが常のようです。

さて、では、顕在意識でガリガリに痩せていたいという願望を持っている人は
それでは潜在意識はどう思ってるか何か見当はつくでしょうか??
その術は何かあるでしょうか??

考えてみましたか??

これは実は案外、実際に催眠療法のセッションを行ってみればある程度分かる場合もあるのです。
もちろん顕在意識ではガリガリに痩せていたいのですから、最終的には拒食症が改善されることは
ありませんよね。何も変化は起きません。 これは当然です。 既に(顕在意識の)希望が
叶っているわけですから。

さあ、今、「最終的には」、と言いました。 実は、こうした方でも中には、催眠中には
暗示が作用してるように見えるときもあるのです。
これはおそらく潜在意識が暗示を受け入れている時だという可能性があります。
その時は、暗示が作用してるかのように思える瞬間もないわけでもないのです

ですが、問題はそれからです。
催眠から解けて、潜在意識はもう働かない、顕在意識だけが表に出てきて活発に働くようになると、
とたんに、せっかく受け入れかけた暗示を意識的に振り解いてしまうのですね・・・
せっかく作用しかけていた暗示はそれですべてが台無しになってしまうのですね。

潜在意識が半ば暗示を受け入れる、ということは、潜在意識では本当はガリガリよりは健康が良いと、
思っているからです。 ですが、顕在意識が結局はそれを打ち消してしまうので、最終的には
作用しないで終わる、という結果につながってしまうわけです。
これが中学生の時に極端なダイエットをした後に、それが転じて過食嘔吐になる多くの人に特徴的な
現象です。

さて、ではここで問題です。
それ以外の悩み、問題の人に関しては、今述べた問題は起こると思いますか? 起こらないと思いますか?
次回までじっくりと考えてみて下さい。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ