催眠療法メルマガ第122号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第122号 2016年2月20日号

さて、前号の最後に出した質問、考えておいていただけましたでしょうか??
いや、きっとその前に、何を聞かれているのか全然わからなかったので、
考えようもなかった、ですか??

前号で出した問いは、
中学生の頃に極端なダイエットをしてガリガリに痩せて、その後、過食嘔吐に転じた子で、
顕在意識でガリガリに痩せていたいと依然として思ってる人は、過食嘔吐をたいていは
改善できませんが、それでは、それ以外の悩みに関して、
潜在意識と顕在意識が分裂してるような問題は起きてると思いますか?
という問いでした。

この問いを読み取れたでしょうか??
えっ?? 読み取れませんでしたか・・・

では今ここでじっくりと考えてから、その後で、読み進めてください。






さあ、考えてみましたか?
これは非常に高い確率で、潜在意識と顕在意識とは分裂している可能性が大でしょう。

もっと言うと、自分が何考えているのか分からないくらいなのですから、そもそも
平気で嘘をついてるような人かもしれません。

彼女たちは、自分の問題を何とか解決したいのではなくて、
何の判断力もないような人達ですので、そもそも何か問題を抱えても、
自分が問題を持っているという認識さえ持てない可能性が高いのです。

では、こういう方に対してはどういう処置が適切だと考えますか?
いいですか? 催眠療法が通じないこういう人に対しての話ですよ。

催眠療法の話でなくなったなんて気がするかもしれませんが、催眠療法はセラピーの
手法の一つなのです。 催眠療法が適さない問題だってあるものです。

それでは次号まで、じっくりと考えておいてください。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ