催眠療法メルマガ第123号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

───────────────────  第123号 2016年3月10日号

さて、もしかすると催眠療法の話ではなくなったように思われてるかもしれません
考えてみましたでしょうか??

その人には、はたしてどういう処置適しているのでしょうか??

よーく考えてください。 その方はそもそも何を行ったのでしたっけ??
そのとき、いったいぜんたい誰それを許していたのでしたっけ?

もしかするとあなたは、それは本人の意志で食べないようにしていたんだと
思っているかもしれませんね。

まあ、確かにそれはそうかもしれません。もし大人だったのでしたら。

人間、眠ることと食べることは生きていく上での基本です。
そもそも本能的な欲求としてそうした欲求あるものなのです。
決して本能的な欲求で食べなかったわけではないはずなのです。

だけど食べなかった。

つまりそこには何らかの問題存在していたということです。
そもそもそれに気付かなかった親の方にこそ問題あると思ったほう良いでしょう。
もしかすると親気づかなかったのではなく、親の何かでストレスを受けて、
食べないようにしていたのかもしれません。

それはその時になって初めて起きたことというよりはむしろ、もっと幼いころから
日常的にそうなってしまう問題何かあったと考えたほう良いでしょう。

ある意味、親の問題子供に起きた、といえる事態だったのかもしれません。
もしかするとそれは夫婦間の問題だったのかもしれませんし、
もしかすると、姑絡みの問題だったのかもしれません。
あるいは、母親も過食嘔吐の問題を抱えていたのかもしれません。

過食嘔吐は大人になると自然に治るなんてものではありません。
看護師さんだって、40代になっても職場でゲーゲーばれないように吐いてる人だって
実際にいるのですよ。

まあ、そうした話はともかく、中学生とかもっと若い時から症状あるような場合、
多くの場合、それは親に責任ある場合です。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
話は何号にもまたって話してきてます
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ