催眠療法メルマガ第124号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第124号 2016年3月20日号


さて、考えてみていただけましたでしょうか??

そういうときにはどうするのか??

これは言うまでもありませんが、幼いころから間違った食事の与え方をしていた
親の責任というべきものです。
もっとも、一見したところでは、具体的にどのようなまずい食事の与え方をしていたのか、
ちょっと目には何も見えてこず、親に開き直られる可能性があるのは否めません。

ですが、そんなことを恐れて、親を正すことができないようでは、そもそも
セラピーする素地がないというものです。

親というものは、子供が大人になって困らないように、子供の時に基本的な常識を
与えておくものです。 食生活はその中の最たるものです。

それができてないというのは、それは親の責任なのです。

もし、相手が既に大人になっていたとした場合には、仮に親が責任を全うしてなかったとしても、
それは本人の責任ということになってしまいますが、まだ子供の場合には責任が親にあることが
分かってるわけですから、それは親を正すことになるわけです。

そういう意味では、親に向かって催眠療法、ではなくて、説教をすることになるかもしれません。
得てしてそうした場合、親は不満の意思表示を示すものですが、別に催眠療法というものは、
誰かの責任の肩代わりをその人に代わって他の誰かが取るというものではありません。
ここのところを間違ってはいけません。

セラピストがそもそも責任の肩代わりなんかはできないのです。

あるいは催眠療法というものは、誰かが責任を取らなくて済むように、何かを消し去る魔法ではないのです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ