催眠療法メルマガ第125号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第125号 2016年3月30日号

親が子供を連れてくる場合には得てして、自分(親)が子供に適切に対処できない点を
セラピストに押し付けようとしてくる場合がままあります。
もちろん、そうした親ばかりという意味ではありませんが、何割かの親は平然とそうした意図で
来ます。

そうした場合、もちろん子供にも問題がある場合は多いものですが、中には子供の方には問題はなく、
親の方だけ問題がある場合もあります。

次に私が受けたそうした相談の最たるものをご紹介しましょう。

ある時、高校生の息子を連れてきた母親がいました。 問題というのは子供が進級できなさそうで
困っているという問題でした。

一見して進級に向けてセラピーが首尾良く行えれば相談者にとっては最も良さそうに思えるかもしれません。
ただ、もし、勉強できない子をできるようにするというのは魔法といいます。
催眠療法というのは魔法ではないことはご存知のことと思います。

少し訊いてみると、実際上、進級は無理であきらめるべきレベルだとわかりました。
母親が進級にこだわる理由は子供をあるスポーツ選手にするため、その高校を卒業してその道に
進んでもらいたいとのことでした。子供にはその適性があるとのことで。

ところが、子供に訊くと、本人はそのスポーツの適性も身体能力も十分あるものの、本人には全く
そのスポーツは好きではなく、選手になるつもりはない、とのことでした。

母親は高校も出ないようでは他の仕事だってできない、と言います。

さあ、この問題、どう収束可能でしょうかね??

催眠療法には関係なさそうな問題が続きましたが、何も催眠療法しかできないのが催眠療法士というわけ
ではありません。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/




まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ