催眠療法メルマガ第126号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第126号 2016年4月10日号

さあ、前号の問題を整理しておきます。

ある高校生の息子さんを持つ母親の相談事です。その息子さんはあるスポーツに適した(十分な)
身体能力はあるものの、本人はその道に進むつもりはありませんでした。そして、その道に適した高校に
通っているわけでしたが、学力に乏しく、進級できそうにありませんでした。
母親の望みは息子さんが進級して、その高校でしっかりそのスポーツの道に進んでもらうことでした。

さて、もし、頑張って勉強すれば進級できるかもしれない場合は、とりあえずは、頑張って勉強してもらって、
何とか進級する方向へ持っていって、進級した後、改めてセラピーに来ていただく道もあったかもしれません。
ですが、この場合は、すでにどうやっても進級は無理なほどのレベルでした。

さあ、この問題、八方塞がりでしょうか??

それは全然違います。 私は息子さんの方に訊きました。「進みたい道はあるの?」
答えは「はい。」でした。 そしてその道に進むには専門学校を出る必要はあるけど、
そこに入るには、今の高校でなくてももっと易しい高校を出てれば入れる、とのことでした。

もうこれで、最終的な解決策はみつかったわけです。実に簡単にして最善の解決策です。
それは、高校をもっと易しい楽に卒業できそうな高校に転校して、その高校を卒業して、
その専門学校に入った後、行きたい道に進む、という解決策です。

さて、でもこれはおかあさんにとってみればとても満足いく解決策ではありません。
おかあさんの望みでは息子さんはそのスポーツの道に進むのはもちろんのこと、
今の高校を進級、卒業することだったのですから。

さあ、この点、どうしていけば良いでしょうかね?
次号まで、どのように収束に持っていくか、ちょっと考えておいてください。
催眠療法とは関係ないですかねえ・・・

んー、ちょっと関連情報を書いておきます。 その相談者(母親)にはもう一人息子さんがいて、
やはり同じスポーツをやらされていたそうですが、結局うまくかわしていた、ということでした。(息子さん談)

さて、次号まで考えておいてください。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ