催眠療法メルマガ第127号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第127号 2016年4月20日号

さあ、考えてみましたか?? どうセラピーを収束させるか。

もしかしてあなたは、依頼者であるおかあさんも満足させなければならないと考えませんでしたか?
もし、おかあさんが満足するように、何とかその息子さんが勉強する催眠療法を行って、
その場だけは取り繕う。 息子さんが(予想通り)それでたとえ勉強しなかった、
あるいは勉強しても結局進級できなかったとしても、それはこっちの責任ではない、
その時になってもう一度来た時に別の道を考えさせるように持っていくのが良いのではないか、
とは思わなかったでしょうか?? もし進級できればもうけものだし、とか・・・

それはダメです。 そもそも進級できなかった場合に再びまた来ることはありません。
それに、それが判明するまでの時間はまるまる無駄な時間となってしまいます。

それだけではありません。 その子に無理な勉強という無駄な苦痛を与えることに
なってしまいます。 おまけに、お母さんはいったんは期待は持つものの、結局は
進級できないのですから、当初以上の大きな落胆に見舞われるだけです。

そんなウソはやってはいけません。これは方便でもなんでもありません。

それに、依頼者は確かにお母さんではありますが、問題とされている当人の意思を無視しては
セラピーにも何にもなるわけではありません。

ここはお母さんが不愉快に感じることは分かり切ってますが、それにもかかわらず、
当人にとって最善の現実的な道をアドバイスしなければなりません
それがセラピストの役目です。いつの場合でも何らかの催眠療法をしなければならない、
なんていうことはもちろんありません。

この子の場合、当然ですが、今の高等学校から、無理なく卒業できそうな高等学校に
移って、本人が進みたいと言ってる専門学校に進学する道をアドバイスして終了、
というわけです。もちろんこの言葉はお母さんにもはっきりと伝わるように言うのです。

それで催眠療法何もやってくれないとお母さんが不満に思わないだろうか、なんて、
考えているようではセラピスト失格です。
お母さんの認識のまずさを結果として指摘して、催眠療法の終了です。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ