催眠療法メルマガ第128号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第128号 2016年4月30日号

さて、前号の人の場合、クライアントは施術を受ける人ではなくて、その母親でした。
施術を受ける人の問題を何とかしてもらいたいと言う母親からの依頼だったわけですが、
結果的にはその母親の依頼は何一つ満たすことができなかったように、もしかしたらあなたには
思えたかもしれません。そんなので良いのですか、と疑問に持たれたでしょうか??

もしかするとあなたは依頼者が母親である以上、依頼者である母親も納得するまで
説明する必要があると思われたでしょうか??

もちろん、もしそれが可能な場合はそうするのが筋かもしれません。
ですが、この場合は、親孝行に応えようとしてきた息子さん本人に負えないほどの荷を
負わしている母親を納得させる術は(少なくても私には)ありませんでした。

二人の話を聞いていて、第一にまず、息子さんの肩の荷を下ろしてもらうことが先決でした。
これは依頼人がどっちなのかという話とは全く関係ないことです。
私は依頼人に雇われた弁護士ではありませんので。

息子さんのその後の対処を二人がいる前でアドバイスすれば、それでたとえ母親のほうが、
それが気に入らなかったとしても、息子の方は何でも母親の希望を叶え続ける義務はないんだと、
自立して行動する方向に促すことができたわけです。

それを見て、母親にもある種の自立できるキッカケを与えたことをもってして、その時点の依頼者に
必要なことは与えたわけです。 それを依頼者本人が活かせれば良いわけです。
(なかなかその依頼者には難しいかもしれませんでしたが。)

逆に、最もやってはいけないこととは、もはや意味をなくした催眠療法を息子さんに行うことですし、
そうでなくても、母親が納得しそうなことを催眠療法の名に代えて行うことでした。

まあ、こうした相談はめったにないことですが、ここまでいかなくても、とかく
付添人の方が依頼者という場合には、得てして、依頼者が自分の問題を施術を受ける人の問題に見せて
コントロールしようとしてる場合は多いのです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ