催眠療法メルマガ第129号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第129号 2016年5月10日号

さて、付き添いでくる人が申し込むケースというのは普通、家族である場合がほとんどなのですが、
得てしてセッションを受ける本人は、その相談内容では困ってはいなくて、その相談内容で
困っているのは付き添いの申込人だったりする場合は割と多いものです。
(セッションを受ける本人はその件では何も困っていなかったり、その付き添いの相談人に関して
困っていたりする場合がむしろ多いのです。)

ただ、中には、家族ではなく付き合ってるという恋人が申し込んで料金まで持って、付き添って
来る場合があります。 恋人も自分も両方とも困ってるという話で来るのです。

印象に残っている人では、付き合っている彼がアルコール依存症で、一緒にいても、そのことで
楽しくないと訴えて彼氏を連れてきた若い女性がいました。
もちろんこちらは受け付ける時点から「本人が禁酒とかしたくない限り無理だよ」と念を押して
催眠療法セッションを受け付けるわけです。

彼らは、彼本人も禁酒したいと言って来たわけです。困ってるのは二人とも、ということに
なってます。 そして付き添いの女性が代金を持ちます。 彼女は彼も禁酒したいんだと信じてます。

この状況、果たしてほんとうはどのような状況なのでしょうかね?
良く整理して考えてみてください。 申し込んできたのはセッションを受ける男性の方ではなくて、
付き添いで来てる若い女性の方です。 そして困ってるのは確認できてるとこでは、女性の方です。

催眠療法のセッションを受ける男性は、言葉の上では、自分も禁酒したいと言ってます。
その言葉を額面通りに受け取って良いものなのかどうなのかはわかりません。

ではここで問題です。催眠療法前にこのこと、つまり、この男性が本当に禁酒したいのか、
実のところ本当は禁酒したいわけではないんだけれども、成り行き上、禁酒したいことに
せざるを得なかったのか、そのどちらなのかを、確認して見分ける術はあるのでしょうか?
そして、その術があるとするならば、それはどういうものなのか、
それを次回までにじっくりと考えておいていてください。

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ