催眠療法メルマガ第13号


☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る

                          催眠療法ヒプノセラピー)

─────────────────────  第13号 2013年2月10日号

さて、前回の話、意味ちょっと分からなかったかもしれませんね。
「言葉を使わない暗示」ってどういうことって。

これから噛み砕いて話します、別の話をしてるように
感じるかもしれません。 ちょっと辛抱してください。

そもそも潜在意識は、言われた言葉の状態を既に
潜在意識持ってる状態の中から見つけ出してくるわけです。

たとえば、「落ち着いて」という漠然とした暗示の言葉を
聞いたとしたら、過去に経験してる「落ち着いて」る状態を
認識するわけです。

それならば、その状態を別の表現で指定することも
可能なわけです。

たとえば、3年前のハワイでくつろいでいる時、といった言葉で。
もちろん、その時の状態落ち着いてる状態だと前もって
わかっていなければなりません・・・・・・

って分りますかねえ・・・

なんだかさっぱり分らなかったかもしれません
その方より良く作用する場合あります。

って言いますか何て言いますか・・・・・・

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありとうございました。
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/
         http://www.hypnonet.info/
         http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://homepage2.nifty.com/hypnotherapy/mag/






まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ