催眠療法メルマガ第130号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第130号 2016年5月20日号

さて、前号の問題、考えてみていただけましたか??

はたして催眠に先だって、その男性が本当に禁酒をするなどして、
本人も訴えてるアルコール依存症を何とかするつもりがあるのか、
それとも、成り行き上仕方なく、そういうことにしているだけで、
本当は本人には何とかしたいという意思があると言うわけでもないのか、
それを判別する方法があるでしょうか?

何か考えてみましたか? どうでした??

えっ?? 何ですか?? それは催眠中に判別すれば良いのではないですか?
ですか??

そうですか、催眠前には何も判別する必要はないということですか?
それとも、催眠中には何でもできるとお考えでしょうか??

そうですか、では質問を変えましょう。
催眠中、どのように判別できるでしょうか??
そして、その判別は確かなものでしょうか?
もっと言うと、催眠中、ウソは言うことはできないのでしょうか?

次回までよくよく考えておいて下さい。

尚、当メルマガではこれまでに、催眠療法でその人を操ることはできないと、
繰り返し述べてきています。 また、催眠療法ではその人の潜在意識にアクセスする
とも述べてきています。 この点からすると確かに、通常の意識状態で語りかけて
本人の意思を確認する場合とは異なることは確かだとは思われますが・・・

次回までよくよく考えておいて下さい。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ