催眠療法メルマガ第132号

☆★☆────────────────────────────────

                          ~臨床催眠療法博士が語る~

                          催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第132号 2016年6月10日号

さて、ここまで話してくる中で、どんどんさらにさらに質問が増えてしまって、
何をどう考えれば良いのかわけが分からなくなってしまったかもしれません。

さて、それでも何か考えてみましたか?
それともいちいち考えたくないので手っ取り早く、早く答えを聞きたいですか?

答えを覚えても全く何の意味もありませんので、答えはともかく、
別の角度からの話をすることにしましょう。 その中からさらにまた
新たな質問が出てくるかもしれませんが、それで良いのです。このメルマガでは。

さて、ではさっそく質問することにします。
その男性がはたして禁酒したいのかどうかなんていうことを全く確かめないで、
催眠療法のセッションを行ったとして、何か不都合はあるでしょうか?

もし不都合があるとしたら、それはどういう場合で、どういう不都合が考えられるでしょうか?

例えば、以下のような事柄はどのように考えますか?
・催眠療法の方向性が定まらない。
・もし本人が禁酒したくない場合、依頼者の若い女性と後で喧嘩別れすることがあり得る。
・仮に後で喧嘩別れすることになったとしても、依頼内容とは無関係なので、
 そんなことは当方の関知するところではありません、で済ますべきだ。
・いや、別に喧嘩別れは少なくとも頼まれてはいないので、その可能性が生じないような
 セッションに務めるべきだ。
・喧嘩別れが生じ得ない催眠療法セッションとはどういうものか?
等々・・・

さて、次回までに考えておいていただけますか?
問題が複雑化する一方のような気がして、考えるのももう嫌ですか?
それとも、いっそのこと引き受けるのはやめますか??

(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/



まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ