催眠療法メルマガ第133号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第133号 2016年6月20日号

さて、何か考えていただけましたでしょうか?

え?? 何をどう考えて良いのかわからないですか??
質問はたくさんあったけど、その全てを考えないとならないのですかって??

もっとルーチンワークでセラピーはできないのか? ですか??

え? いちいち面倒臭いことは考えるのは嫌なので、
何も考えないで処理する方法を知りたい、ですか??

それではセラピストになんかは絶対になれませんが、それでよろしいでしょうか??

では、余計なことは考えないで催眠療法のセッションをする方法を
ご紹介することにしましょう。

はい、適切な催眠療法をすれば、それで良いのです。

これだけです。

何ですか?? それでは答えにも何にもなっていないですって??

ですが、今、そうした答えをするように求められたわけなのですがね。

何ですか? 今になってやっと、要求内容が間違っていたことに
気がつきましたか??

では、ちょっと考え直してみてください。

依頼人は何をのぞんで、現在どういう状態なのか?

それ以外にこのケースの場合、どういう特殊事情があるのか。

まず、前者はどのような依頼人の場合でも把握しなければならないことなのは
分かりますね?

今ここで、このケースの場合、問題になってるのは後者の問題です。

どういう特殊な状況でしたっけ?

では、この点のみ整理しておいてください。 次回までに。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ