催眠療法メルマガ第134号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第134号 2016年6月30日号

さて、整理しておいていただけましたでしょうか??

えっ?? 何のことか記憶にないですか??

困りましたね、そういうことでは・・・

では、整理しないで進めましょう。

依頼人が望んでいることがありました。
ただ、依頼人さんは付添人として来ていて、
催眠療法のセッションを受ける方は彼女の彼氏でした。

そして彼も、その依頼人の望みをそのまま望んでいたわけです。

さあ、基本的には、その望みを満たすようセッションを行うだけです。
どのようなセッションでもいつもいつも成功ばかりでもありません。
どのようなセッションでも失敗は起こり得ます。

ただそれだけです。
催眠療法のセッションするうえで迷うようなところではありません。
もし、上手く作用しない場合は、どのような場合であっても、
こちらでは貴方のお手伝いはどうやらできないようです、と言って、
セッションはそこで終了せざるを得ないのです。

これが、これまでごちゃごちゃ話してきましたが、
シンプルな方針です。 どのような場合でも。

・・・
・・・

えっ? 何ですか?? もっと深く突っ込んだ話をしてくれるのかと
思っていた、ですか??

まあ、それはそう思うかもしれません。
ですが、深く突っ込んだ細部の話をしても、最も基本的な路線を
認識できていなければ、軽重の判断もできませんし、全体としては
間違ったことをしかねませんので、ここで念をおしておきました。

そういうわけで、細かい話はまた後で。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ