催眠療法メルマガ第135号

☆★☆────────────────────────────────

~臨床催眠療法博士が語る~

  催眠療法(ヒプノセラピー)

───────────────────  第135号 2016年7月10日号

そういうわけです。何も困惑することではありません。

催眠療法の施術を受ける人の希望ももともとの依頼者の希望も一致してるのです。
催眠療法のセラピー内容は決まってるのです。
セラピー内容は、それ以外にはあり得ないのです。

ただ、あくまで可能性としては、本当は施術を受ける人は本当の希望を言ってるとは
必ずしも限らない、というだけです。

もし、面談中に明確にセッションを受ける本人にアルコールは飲んでいたいという
意思が認められた場合には禁酒の内容ではセッションはできない、というだけです。

セッションを受ける本人も禁酒したいという意思を明確に表明した以上、
セラピストとしては、それに基づいてセラピーを行い以外の選択肢はありません。

もちろん、「もしあなたが本当には禁酒したくないのならば、セラピーは上手くいきません。」
なんてことは言うものではありません。 そんなことを言えば、禁酒できるものでも
禁酒できない方向に傾いてしまいます。

別に鵜呑みするというわけではありませんが、ましてや鵜呑みするべきだというわけでは
ありませんが、受ける側の意思表明は、そっくりそのまま信用して、それにのっとって
セラピーを行うわけです。 たとえこちら(セラピスト側)が何か疑うところがあったとしても。

全ては結果が示してくれるのです。
施術を受ける側が本当に禁酒したいのであれば、たいていはセッションは成功しますし、
もしそうでなければ絶対に本人が望んでるとされる結果は現れることはないだけです。


(続く)

___________________________________

■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
話は何号にもまたがって話してきてますが、
ついてきてくださってますか?
ご質問、ご感想等、お気軽にお寄せ下さい。
その場合、メルマガを読んだ旨、ご明記されてください。
ご質問にはメルマガ上でお答えする場合もございます。
                         (臨床催眠療法博士)
___________________________________

メールマガジン「臨床催眠療法博士が語る催眠療法(ヒプノセラピー)」

☆発行責任者:臨床催眠療法博士 上野直樹
☆公式サイト:http://hypno.la.coocan.jp/
       http://www.hypnonet.info/
       http://www.12kenkou.com/asahi/
☆問い合わせ:drueno★12kenkou.com (★は@に変えてください。)
☆登録・解除:http://hypno.la.coocan.jp/mag/


まぐまぐから発行されてます。

このページの先頭へ